新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『若菜上・柏木と女三宮』( 大将、いとかたはらいたけれど〜)の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『若菜上・柏木と女三宮』

ここでは、源氏物語の『若菜上』から、「大将、いとかたはらいたけれど〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『柏木と女三宮』と題するものもあるようです。

前回のテキスト
「御几帳どもしどけなく引きやりつつ〜」の現代語訳と解説

原文

大将、いとかたはらいたけれど、はひ寄らむもなかなかいと軽々しければ、ただ心を得させて、うちしはぶき給へるにぞ、やをら引き入り給ふ。さるは、我が心地にも、いと飽かぬ心地し給へど、猫の綱ゆるしつれば心にもあらずうち嘆かる。まして、さばかり心をしめたる衛門督は、胸ふとふたがりて、誰ばかりにかはあらむ、ここらの中にしるき袿姿よりも、人に紛るべくもあらざりつる御気配など、心にかかりておぼゆ。さらぬ顔にもてなしたれど、

「まさに目とどめじや。」


と、大将はいとほしく思さる。わりなき心地の慰めに、猫を招き寄せてかき抱きたれば、いと香ばしくて、らうたげにうち鳴くも、なつかしく思ひよそへらるるぞ、好き好きしきや。


大殿御覧じおこせて、

「上達部の座、いと軽々しや。こなたにこそ。」


とて、対の南面に入り給へれば、みなそなたに参り給ひぬ。宮も居直り給ひて、御物語し給ふ。次々の殿上人は、簀子に円座召して、わざとなく、椿餅、梨、柑子やうの物ども、さまざまに、箱の蓋どもにとりまぜつつあるを、若き人々そぼれ取り食ふ。さるべき乾物ばかりして、御土器参る。

現代語訳(口語訳)

大将(夕霧)は、(簾があがって部屋の中が見えているのを)たいそうはらはらしていますが、(簾を正しに)はって寄ることもかえって軽率なので、ただ気づかせようと、咳払いをなさったところ、(女三の宮は)そっと中にお入りになりました。そうはさせたものの、(大将は)自分の気持ちにも、(女三の宮が中に入ってしまったことに対して)たいそう物足りなくお思いになりますが、(女房が、絡まった)猫の綱をはなしたので、思わずため息がもれます。まして、(女三の宮に)夢中になっている衛門督(柏木)は、胸がふといっぱいになって、誰ほどの人でしょうか、(部屋の中の)大勢の(女房たちの)中ではっきりとわかる袿姿からしても、人と見間違いようもなかったご様子など、心にかかってお思いになります。何気ない顔をよそおっていましたが、

「(柏木も女三の宮を)当然見たに違いない。」


と、大将は(女三の宮のことを)気の毒にお思いになります。(柏木は)どうしようもない気持ちの慰めに、猫を招き寄せて抱きしめていると、(猫が)たいそういい香がして、かわいげに鳴くにつけても、心がひかれ(女三の宮に)思いなぞらえてしまうことは、好色めいたことです。


大殿(光源氏)が(こちらを)御覧になって、

「上達部の座が、あまりにも軽々しい。こちらに(おいでなさい)。」


といって、東の対の南面(の部屋)にお入りになられたので、皆そちらに参上なさいました。宮(光源氏の弟である蛍兵部卿宮)も座り直しなさって、お話をしなさいます。それ以下の殿上人は、簀子に円座を召して、特に意識せずに、椿餅、梨、柑子のような物が、いろいろ、箱の蓋などに盛り合わせてあるのを、若い人々はたわむれながら取って食べます。適当な乾物ばかりを肴にして、酒をお召しになります。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『若菜上・柏木と女三宮』( 大将、いとかたはらいたけれど〜)の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 古典B』 桐原書店
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,306 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。