新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『橋姫・薫と宇治の姫君』(近くなるほどに〜)の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『橋姫・薫と宇治の姫君』

ここでは、源氏物語の『橋姫』の章から、「近くなるほどに、その琴とも聞き分かれぬ物の音ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては、「薫と宇治の姫君」と題するものもあるようです。

前回のテキスト
「秋の末つ方、四季にあててし給ふ御念仏を〜」の現代語訳・口語訳と解説

原文

近くなるほどに、その琴とも聞き分かれぬ物の音ども、いとすごげに聞こゆ。

「常にかく遊び給ふと聞くを、ついでなくて、宮の御琴の音の名高きも、え聞かぬぞかし。よき折なるべし。」


と、思ひつつ入り給へば、琵琶の声の響きなりけり。黄鐘調に調べて、世の常の掻き合はせなれど、所からにや、耳馴れぬ心地して、掻き返す撥の音も、もの清げにおもしろし。箏の琴、あはれになまめいたる声して、絶え絶え聞こゆ。

しばし聞かまほしきに、忍び給へど、御けはひしるく聞きつけて、宿直人めく男、なまかたくなしき、出で来たり。

「しかしかなむ、籠りおはします。御消息をこそ聞こえさせめ。」


と申す。

「何か。しか限りある御行ひのほどを紛らはし聞こえさせむに、あいなし。かく濡れ濡れ参りて、いたづらに帰らむ愁へを、姫君の御方に聞こえて、あはれとのたまはせばなむ、慰むべき。」


とのたまへば、醜き顔うち笑みて、

「申させ侍らむ。」


とて立つを、

「しばしや。」


と召し寄せて、

「年ごろ人づてにのみ聞きて、ゆかしく思ふ御琴の音どもを、うれしき折かな。しばし、少したち隠れて聞くべきもののありや。つきなくさし過ぎて参り寄らむほど、皆琴やめ給ひては、いと本意なからむ。」


とのたまふ。御けはひ、顔容貌の、さるなほなほしき心地にも、いとめでたくかたじけなくおぼゆれば、

「人聞かぬ時は、明け暮れかくなむ遊ばせど、下人にても、都の方より参り、立ちまじる人侍る時は、 音もせさせ給はず。おほかた、かくて女たちおはしますことをば、隠させ給ひ、なべての人に知らせ奉らじと、思しのたまはするなり。」


と申せば、うち笑ひて、

あぢきなき御もの隠しなり。しか忍び給ふなれど、皆人、ありがたき世の例に、聞き出づべかめるを。」


とのたまひて、

「なほしるべせよ。我は、好き好きしき心などなき人ぞ。かくておはしますらむ御ありさまの、あやしく、げになべてにおぼえ給はぬなり。」


と、こまやかにのたまへば、

あなかしこ。心なきやうに、後の聞こえや侍らむ。」


とて、あなたの御前は、竹の透垣しこめて、皆隔てことなるを、教へ寄せ奉れり。御供の人は西の廊に呼び据ゑて、この宿直人あひしらふ。

次ページ:現代語訳(口語訳)と品詞分解・単語文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『橋姫・薫と宇治の姫君』(近くなるほどに〜)の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,363 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。