manapedia
源氏物語『澪標・住吉参詣』(国の守参りて〜)の現代語訳・口語訳と解説
著作名: 走るメロス
18,195 views

品詞分解

品詞分解はこちら
「国の守参りて〜」の品詞分解

単語・文法解説

仕うまつりけむけむは過去推量の助動詞「けむ」の終止形
はしたなけれ形容詞「はしたなしの」已然形。きまりが悪い
いささかのこと「いささか」とは「少し、わずか」と訳すが、ここでは前後の文章かrあ、住吉大社への奉納の額が光源氏の一行に比べて少ないと言っていると判断する
ゆめにも打消の言葉をともなって「少しも〜ない」
ありがたき形容詞「ありがたし」の連体形。めったにない、珍しい
惟光光源氏の家来の一人
あはれに形容動詞「あはれなり」の連用形。しみじみと
めでたし形容詞「めでたし」の終止形。すばらしい、喜ばしい


1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。