新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『澪標・住吉参詣』(その秋、住吉に詣で給ふ〜)の現代語訳・口語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『住吉参詣』

このテキストでは、源氏物語の中の『住吉参詣』の「その秋、住吉に詣で給ふ」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。このお話は「澪標(みおつくし)」の巻に記されてされています。

原文

その秋、住吉に詣で給ふ。願ども果たし給ふべければ、いかめしき御歩きにて、世の中ゆすりて、上達部、殿上人、我も我もと仕うまつり給ふ。

折しも、かの明石の人、年ごとの例のことにて詣づるを、去年今年は障ることありて、おこたりける、かしこまり取り重ねて、思ひ立ちけり。舟にて詣でたり。岸にさし着くるほど、見れば、ののしりて詣で給ふ人のけはひ、渚に満ちて、いつくしき神宝を持て続けたり。楽人、十列など、装束を整へ、容貌を選びたり。

「誰が詣で給へるぞ。」


と問ふめれば、

「内大臣殿の御願果たしに詣で給ふを、知らぬ人もありけり。」


とて、はかなきほどの下衆だに、心地よげにうち笑ふ。

「げに、あさましう、月日もこそあれ、なかなか、この御ありさまをはるかに見るも、身のほど口惜しうおぼゆ。さすがに、かけ離れたてまつらぬ宿世ながら、かく口惜しき際の者だに、もの思ひなげにて、仕うまつるを色ふしに思ひたるに、何の罪深き身にて、心にかけておぼつかなう思ひ聞こえつつ、かかりける御響きをも知らで、立ち出でつらむ。」


など思ひ続くるに、いと悲しうて、人知れずしほたれけり。

現代語訳(口語訳)

その秋に、(光源氏は)住吉大社にご参詣になります。以前に祈願したことがかなったお礼をなさる予定で、盛大なご行列で、世間は大騒ぎをして、上達部や天上人が、我も我もとお供を申し上げなさいます。

ちょうどそのとき、あの明石の君が、毎年恒例の行事として(住吉大社に)参詣するのですが、去年今年は差し障りがあって、(参詣を)怠っていたのですが、そのお詫びも兼ねて、思い立っ(てやってき)たのです。舟で参詣しました。岸に着けるときに、見ると、大騒ぎして参詣なさる人の様子が、渚いっぱいに満ちており、おごそかな奉納の品を持った列が続いています。音楽を奏でる人は十人ほど、装束を整えて、顔のよい人を選んでいます。

「誰が参詣なさっているのですか。」


と(明石の君が通行人に)尋ねてみたところ、

「内大臣殿が願ほどきに参詣なさるのを、知らない人もいるものだなあ。」


といって、取るに足らない身分の低い者までもが、(明石の君のことを)得意気に笑います。

「本当に、あきれるほどひどいものです、月日は他にもあるでしょうに、なまじっか、この(光源氏の)ご威勢を遠くから見るにつけても、自分の身が情けなく思われます。そうはいっても、お離れ申し上げることのない縁である(と知ってはいる)のですが、このようにつまらない身分の者であっても、何の心配もなく、お供をすることを名誉なことと思っているのに、(私は)罪深い身だからといって、(帰京された光源氏のことをいつも)心にかけてご案じ申し上げているにもかかわらず、このような評判も知らないで、どうして出かけてきてしまったのでしょうか。」


などと思い続けると、(明石の君は)とても悲しくて、人知れず涙で袖を濡らしたのでした。

品詞分解

品詞分解はこちら
「その秋、住吉に詣で給ふ〜」の品詞分解

単語・文法解説

いかめしき形容詞「いかめし」の連体形。盛大な
ゆすりラ行四段活用「ゆする」の連用形。大騒ぎをする
いつくしき形容詞「いつくし」の連体形。おごそかな
はかなき形容詞「はかなし」の連体形。取るに足らない
あさましう形容詞「あさまし」の連用形のウ音便。あきれるほどひどい
口惜しう形容詞「口惜し」の連用形のウ音便。情けない、残念だ
色ふし名誉なこと


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,521 pt 
 役に立った数 11 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。