新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『赤壁の賦』(蘇子曰客亦知夫水与月乎〜)現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

私は言いました。
「あなたもまたあの水と月のことを知っていますか。
流れるゆくものはこの(長江の)ようなものですが、今までに(すべての川の水が)流れていってしまったことはありません。
満ちたり欠けたりすることはあれ(月)のようなものですが、結局大きくなったり小さくなったりすることはありません。
思うに、物は変化するという視点からこれらをみると、天地は一瞬たりとも同じ状態でいることはありえません。
(一方で)物は変化しないという視点からこれらをみると、物も私も皆尽きることはないのです。
このうえさらに何を羨むことがありましょうか、いやありません。
天地の間の物には、(その間に存在する物すべてに)それぞれ持ち主がいます。
仮に自分の所有する物でないものは、わずかであっても取ることはできません。
ただ長江の清々しい風と山間に浮かぶ名月だけは、耳でこれ(風)をとらえると(すばらしい)音だと感じ、目でこれに出逢えば(すばらしい)色だと感じるのです。
これら(風と名月)を取ることは禁じられておらず、これらはいくら用いても尽きることはありません。
これらは万物を創造する神の尽きることのない蓄えなのです。
そして私とあなたと共に心に適(かな)うものなのです。」と。


客人は喜んで笑い、盃を洗ってさらに酒を酌みました。
酒の肴と果物はなくなり、盃や皿が(席上に)散乱しました。
舟の中でお互いに寄りかかって眠り、東の空が(朝日で)白んでいたことがわからなかったのです。

単語・文法解説

蘇子蘇軾のこと。つまり自分を指している
逝者川の流れに時間が流れ行くことをかけている
未嘗往也「未」は再読文字。「いまだ〜(せ)ず」と読み、「まだ〜(し)ない」と訳す
盈虚月が満ちたり欠けたりすること
消長勢いが盛んになったり衰えたりすること。転じてここでは「大きくなったり小さくなったりすること」と訳す
何羨乎「何A乎」で「何をかA(せん)や」と読み反語を表す
雖一毫而莫取「雖A取」で「Aすと雖も」と読み、「例えAとしても」と訳す
長さの単位で、極めて短い、少量であることの例え
肴核酒のさかなと果物
枕藉お互いの体を枕にして眠ること

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『赤壁の賦』(蘇子曰客亦知夫水与月乎〜)現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,562 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。