新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

漢詩『人虎伝・山月記』(偶因狂疾成殊類〜)書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『人虎伝・山月記』

ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』の漢詩(偶因狂疾成殊類〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元に書かれており、作中の漢詩は人虎伝のものをそのまま引用してあります。

原文(白文)

偶因狂疾成殊類
災患相仍不可逃
今日爪牙誰敢敵
当時声跡共相高
我為異物蓬茅下
君已乗気勢豪
此夕溪山対明月
不成長嘯但成噑

書き下し文

偶(たまたま)狂疾(きょうしつ)に因りて殊類と成り
災患相仍(よ)りて逃(のが)るべからず
今日(こんじつ)爪牙(そうが)誰か敢へて敵せん
当時声跡共に相高し
我は異物と為る蓬茅(ほうぼう)の下(もと)
君は已に軺(よう)に乗りて気勢豪なり
此の夕べ溪山明月に対(むか)ひ
長嘯を成さずして但だ噑(ほ)ゆるを成す

現代語訳(口語訳)

ふと心を病んでしまったことから、(人間とは)異なる種類の生き物になってしまい
災いが次々と起こり逃れることができませんでした。
(虎となった)今日では、誰が(このするどい)爪や牙に敵として向かってくるでしょうか、いや誰も向かってきません。
昔は君も私も(秀才として)評判が高いものでした。
(しかし今では)私は人間と異なる種類の生き物になって草むらの中におり、
君は車に乗るような身分に出世して勢いが盛んです。
この夕暮れのもと山や谷を照らす月に向かって
(私は)詩を吟じることなくただ吠えるばかりです。

単語・文法解説

狂疾心の病
災患災い
当時の馬車を指す言葉
長嘯詩を吟じること


形式

この漢詩は七つに並んだ漢字が八つの行からなる、七言律詩というスタイルをとっています。「逃」、「高」、「豪」、「嘷」が韻を踏んでいます。(押韻)

対句

第三句と第四句が対句をなしています。第五句と第六句については、これらを対句とするという解釈としないという解釈があります。

Tunagari_title
・漢詩『人虎伝・山月記』(偶因狂疾成殊類〜)書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 26,155 pt 
 役に立った数 125 pt 
 う〜ん数 11 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。