新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『人虎伝』(初、我於逆旅中〜)書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『人虎伝』

ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』(初、我於逆旅中〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元に書かれていますが内容が違いますので注意してください。

原文(白文)

「初、我於逆旅中、為疾発狂、既入荒山。
而僕者駆我乗馬、衣囊悉逃去。
妻孥尚在虢略。
豈知我化為異類乎
君若自南回、為賷書、訪妻子、但云我已死、無言今日事。
志之。」


乃曰、
「吾於人世、且無資業。
有子尚稚、固難自謀。
君位列周行、素秉風義。
昔日之分、豈他人能右哉。
必望念其孤弱。
賑恤之、無使殍死於道途、亦恩之大者。」


言已、又悲泣。
傪亦泣曰、
「傪与足下 休戚同。
焉然則足下子亦傪子也。
当力逼厚命
何虞其不至哉。」


書き下し文

「初め、我が逆旅の中(うち)に於いて、疾(やまい)の為に発狂し、既に荒山に入る。
而(しこう)して僕者我が乗馬を駆り、衣囊(いのう)もて悉(ことごとく)逃げ去る。
吾が妻孥(さいど)尚ほ虢略(かりゃく)に在り。
豈に我化して異類と為るを知らんや。
君南より回(かえ)らば、為に書を賷(もたら)して、吾が妻子を訪(と)ひ、但(た)だ我已に死せりと云ひ、今日の事を言ふこと無かれ。
之を志(しる)せ。」と。


乃ち曰はく、
「吾人の世に於ひて、且つ資業無し。
子有るも尚ほ稚(おさな)く、固(もと)より自ら謀り難し。
君は位周行に列し、素より風義(ふうぎ)を秉る。
昔日の分、豈に他人能く右(まさ)らんや。
必ず其の孤弱を念ふを望む。
時に之を賑恤(しんじゅつ)し、道途(どうと)に殍死(ふし)せしむること無くんば、亦恩の大なる者なり。」と。


言ひ已(お)はりて、又悲泣(ひきゅう)す。
傪も亦泣きて曰はく、
「傪と足下とは休戚(きゅうせき)同じ。
然らば則ち足下の子は亦傪の子なり。
当に力(つと)めて厚命に逼(そ)ふべし。
又何ぞ其の至らざると虞(おそ)れんや。」と。


次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『人虎伝』(初、我於逆旅中〜)書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,152 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。