新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

三国志『三往乃見(時先主屯新野〜)』書き下し文・現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

その時、劉備は新野という土地に駐屯していました。
徐庶が劉備に謁見しました。
劉備は徐庶のことを高く評価していました。
(徐庶が)劉備に言いました。
「諸葛孔明は、寝ている竜のような人物です。
将軍様は彼に会いたいとお望みでしょうか。」と。


劉備が言いました。
「お前が(孔明と)一緒に来てくれ。」と。


徐庶が言いました。
「この人物はこちらから行って会うことはできますが、呼びつけることはできません。
将軍様がお訪ねになるのがよいでしょう。」と。



このことによって劉備はとうとう諸葛亮に会いに行きました。
三回出向いてようやく会うことができました。
そこで(劉備は)周囲の者を退けて言いました。
「漢の王朝は傾き、邪悪な心をもった家臣たちが国を奪い合い、天子は都から逃げ出されました。
私は(自分の)人徳や力量をわきまえずに、天下に大義を広めたいと思っています。
しかしながら知恵も戦術も浅はかであったので、そのまま失敗して、今日に至っています。
しかしながら志はいまだ尽きていません。
あなたはご自身の考える策をどこに出そうとお思いですか。」と。


諸葛亮が答えて言いました。
「(時の権力者だった)董卓以来、豪傑(な武将たち)が次々と兵を挙げ、州にまたがって群に連なり争う者は、数えあげることができないほどです。
曹操は袁紹に比べると、名声は少なく兵も多くはありません。
しかし曹操は袁紹に勝つことができました。
弱者が強者となるのは、ただ時代(を味方につけた)だけではなく、その人の(見事な)計略があったからです。」と。


つづき

単語・文法解説

先主国としてみとめられていない地域の君主に対する呼び名の1つ。ここでは劉備のことを指す
高く評価する
豈願見之乎「豈〜乎」は、ここでは疑問の意味で訳している
宜枉駕顧之「宜」は「よろしく〜(す)べし」と読み、「〜するのがよい」と訳す
枉駕「駕を枉げる」とは、「来訪する」の尊敬語
こうして、とうとう
傾頽組織が傾くこと
姦臣邪悪な心をもった家臣
窃命「命」とは「天命」を指す。「窃命」で「天命を奪う」となるが、ここでは「君主になるという天命を奪い合う」という意味で「国を奪い合う」という訳し方をする
主上天皇を敬っていう言葉
蒙塵都から逃げ出すこと
猖蹶失敗すること

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・三国志『三往乃見(時先主屯新野〜)』書き下し文・現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 32,766 pt 
 役に立った数 52 pt 
 う〜ん数 11 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。