新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

柳宗元『捕蛇者説(蔣氏大戚〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
柳宗元『捕蛇者説』

ここでは柳宗元の著した『捕蛇者説』(蔣氏大戚〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

前回のテキストはこちら
『捕蛇者説(有蔣氏者〜)』現代語訳・書き下し文と解説

原文(白文)

蔣氏大戚、汪然出涕曰、
「君将哀而生之乎
則吾斯役之不幸、未若復吾賦不幸之甚也。
嚮吾不為斯役、則久已病矣。
自吾氏三世居是郷、積於今六十歳矣。
而郷隣之生日、殫其地之出、竭其之入、号呼而転徙、饑渇而頓踣
触風雨、犯寒暑、呼噓毒癘、往往而死者相藉。
曩与吾祖居者、今其、十無一焉。
与吾父居者、今其室、十無二三焉。
与吾居十二年者、今其室、十無四五焉。
非死則徙爾。
而吾以捕蛇独存。

つづき

書き下し文

蒋氏大いに戚(いた)み、汪然(おうぜん)として涕(なみだ)出(い)だして曰はく、
「君将(まさ)に哀れみて之を生かさんとするか。
則ち吾が斯(こ)の役(えき)の不幸は、未(いま)だ吾が賦を復する不幸の甚だしきに若(し)かざるなり。
嚮(さき)に吾斯(こ)の役を為さずんば、則ち久しく已に病めるならん。
吾が氏三世是の郷に居りしより、今に積むこと六十歳なり。
而(しか)して郷隣(きょうりん)の生は日に蹙(せま)り、其の地の出を殫(つ)くし、其の廬(ろ)の入(にゅう)を竭(つ)くし、号呼して転徙(てんし)し、饑渇(きかつ)して頓踣(とんぼく)す。
風雨に触れ、寒暑を犯し、毒癘(どくれい)を呼噓(こきょ)し、往往にして死せる者相藉(し)くなり。
曩(さき)に吾が祖と居りし者、今其の室、十に一(いつ)も無し。
吾が父と居りし者、今其の室、十に二三も無し。
吾と居ること十二年になる者、今其の室、十に四五無し。
死せるに非ずんば則ち徒(うつ)れるのみ。
而るに吾蛇を捕らふるを以て独り存す。

つづき

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・柳宗元『捕蛇者説(蔣氏大戚〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,965 pt 
 役に立った数 4 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。