新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

白居易『長恨歌』書き下し文・現代語訳と解説 その3

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
白居易『長恨歌』

ここでは白居易の詠んだ『長恨歌』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。今回はその3回目です。長いので全文を12段に区切り、その都度書き下し文と現代語訳、解説を記しています。

前回のテキスト
「九重城闕煙塵生〜」書き下し文・現代語訳と解説

原文(白文)

帰来池苑皆依旧
太液芙蓉未央柳
芙蓉如面柳如眉
対此如何不涙垂
春風桃李花開夜
秋雨梧桐葉落時
西宮南苑多秋草
宮葉満階紅不掃

梨園弟子白髪新
椒房阿監青娥
夕殿蛍飛思悄然
孤灯挑尽未成眠
遅遅鐘鼓初長夜
耿耿星河欲曙天
鴛鴦瓦冷霜華重
翡翠衾寒誰与共
悠悠生死別経年
魂魄不曾来入夢

書き下し文

帰り来たれば池苑(ちえん)皆旧に依(よ)る
太液(たいえき)の芙蓉未央(びおう)の柳
芙蓉は面のごとく柳は眉のごとし
此に対して如何(いかん)ぞ涙の垂れざらん
春風桃李花開く夜
秋雨梧桐(ごどう)葉落つる時
西宮南苑秋草(しゅうそう)多く
宮葉階に満ちて紅掃(はら)はず
梨園の弟子(ていし)白髪新たに
椒房(しょうぼう)の阿監(あかん)青娥(せいが)老いたり

夕殿蛍飛んで思ひ悄然(しょうぜん)
孤灯挑(かか)げ尽くすも未だ眠りを成さず
遅遅たる鐘鼓(しょうこ)初めて長き夜
耿耿(こうこう)たる星河曙(あ)けんと欲するの天
鴛鴦(えんおう)の瓦冷ややかにして霜華(そうか)重く
翡翠(ひすい)の衾(ふすま)寒くして誰と与共(とも)にせん
悠悠(ゆうゆう)たる生死別れて年を経たり
魂魄(こんぱく)曾(かつ)て来たりて夢にも入らず

現代語訳

(都に)帰ってきてみると宮殿の池も庭も皆もとのままでした。
太液池の芙蓉も未央宮の柳も変わりありません。
芙蓉は(楊貴妃の)顔のようで、柳は(楊貴妃の)眉のようです。
これらを目にしてどうして涙を流さずにはいられましょうか、いやいられません。
春風に桃や李(すもも)の花開く夜に、
(そして)秋雨の中、梧(あおぎり)や桐の葉が落ちる時に(彼女を思い出します。)
西の御殿、南の庭では秋草が生い茂り、
宮殿の落ち葉が階段に落ちても、(積もった)紅葉を掃く人はいません。
梨園の楽坊団の人たちも年を取って白髪が新たに増えていき、
皇后の御所を取り仕切り女中も、美しい容姿が老いてしまいました。
夕暮の宮殿に蛍が飛ぶと、(皇帝は)わびしく哀しい気持ちになり、
(皆が寝静まって宮殿中の灯りが消えても皇帝の部屋だけは)ひとつだけ灯りが灯っており、それを燃やし尽くしても眠ることができずにいます。
時を告げる鐘と太鼓の音が、ようやく長く感じられる(秋の)夜となりました。
天の川の輝きがかすかになり、今にも夜が明けようとしています。
おしどりの形をした瓦は冷たく、(その上には)霜が厚く降り、
カワセミが描かれた寝具は寒く、誰と一緒に寝ましょうか、いや一緒に寝る人はいません。
はるか遠く生死を隔ててから何年も経ちましたが、
(楊貴妃の)魂は(皇帝の)夢にさえ現れることはありません。

単語解説

芙蓉 ハスの花の美称
如何不涙垂「如何A」で「いかんぞA(せ)ん」と読み反語を表す
桃李桃とスモモ
西宮南苑多秋草 宮葉満階紅不掃宮殿の荒廃した様子を表している
椒房皇后の御所
阿監女中を取り仕切るリーダー
青娥若い美人、美しい容姿
悄然元気がなくしょげている様
耿耿明るく輝く様
欲曙天「欲」はここでは「今にも〜しそうだ」と訳す
鴛鴦おしどり
翡翠カワセミのこと


押韻

「旧と柳」、「眉、垂、時」、「草、掃、老」、「然、眠、天」、「重、共、夢」がそれぞれ韻を踏んでいます。

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・白居易『長恨歌』書き下し文・現代語訳と解説 その3

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 15,707 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!