新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『杜子春伝(道士前曰、「吾子之心〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『杜子春伝』

ここでは中国の小説集「続玄怪録」の中の『杜子春伝』の『道士前曰、「吾子之心、喜怒哀懼悪欲、皆忘矣〜』から始まる部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

道士前曰、
「吾子之心、喜怒哀懼悪欲、皆忘矣。
所未臻者、愛而已。
向使子無噫声、吾之薬成、子亦上仙矣。
嗟乎、仙才之難得也。
吾薬可重錬。
而子之身猶為世界所容矣
勉之哉。」


遙指路使帰
子春強登基観焉、其炉已壞。
中有鉄柱大如臂、長数尺。
道士脱衣、以刀子削之。

子春既帰、愧其忘誓。
復自効以謝其過、行至雲台峰、絶無人跡。
嘆恨而帰。

書き下し文

道士、前(すす)みて曰はく、
「吾子の心は、喜・怒・哀・懼(く)・悪(お)・欲は皆忘れたり。
未だ臻(いた)らざる所の者は、愛のみ。
向使(も)し子の噫の声無くんば、吾の薬は成り、子も亦上仙せり。
嗟乎(ああ)、仙才の得難きかな。
吾が薬は重ねて錬るべし。
而れども子の身は猶ほ世界の容るる所と為る。
之を勉めよや。」と。


遙かに路を指さして帰らしむ。
子春、強(し)ひて基に登りて観るに、其の炉已に壊(やぶ)る。
中に鉄柱の大いさ臂(うで)のごとく、長さ数尺なる有り。
道士衣を脱ぎ、刀子を以て之を削る。

子春既に帰り、其の誓ひを忘るるを愧(は)づ。
復た自ら以て其の過ちを謝するを効(いた)さんとして、行きて雲台峰に至るに、絶えて人跡無し。
嘆恨して帰る。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『杜子春伝(道士前曰、「吾子之心〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,977 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。