新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『杜子春伝(杜子春者、蓋周隋閒人〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『杜子春伝』

ここでは中国の小説集「続玄怪録」の中の『杜子春伝』の「杜子春者、蓋周隋閒人〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

杜子春者、蓋周隋間人
落拓、不事家産。
然以志気間曠、縦酒間遊、資産蕩尽
投於親故、皆以不事事棄。

方冬、衣破腹空、徒行長安中。
日晩未食彷徨不知所往。
於東市西門、饑寒之色可掬。
仰天長吁

書き下し文

杜子春は、蓋(けだ)し周・隋の間の人ならん。
少(わか)くして落拓、家産を事とせず。
然して志気間曠(かんこう)にして、酒を縦(ほしいまま)にして間遊するを以て、資産蕩尽す。
親故に投ずるも、皆事を事とせざるを以て棄てらる。

冬に方(あ)たり、衣破れ腹空しくして、長安中を徒行す。
日晩(く)れて未だ食せず、彷徨(ほうこう)して往く所を知らず。
東市の西門に於いて、饑寒(きかん)の色掬すべし。
天を仰ぎて長吁(ちょうく)す。

現代語訳

杜子春は、思うに周から随の時代の間の人だったでしょうか。
若いころから細かいことにはこだわらずに、家業にも精を出しませんでした。
それにもかかわらず、志は高く、酒を思うままに飲んで遊びまわっていたので、財産を使い果たしてしまいました。
親戚や旧友に頼ってきましたが、皆からは、仕事をしないために見放されてしまいました。

冬となって、(杜子春の)衣服は破れ、お腹をすかせながら、長安の街中を歩いていました。
日は暮れていましたが食事にはありつけず、さまよい、どこに行ったらよいかもわからずにいました。
東の市場の西門に着いた頃には、飢えて寒さに凍える様子が見えてとれました。
天を仰いで深くため息をついていました。

単語・文法解説

蓋周隋間人「蓋A」で「思うにAでしょうか」と推量を表す
落拓細かいことにこだわらない
蕩尽使い果たすこと
親故親戚や旧友
彷徨さまようこと
未食「未」は再読文字。「未A」で「いまだA(せ)ず」と読み、「まだA(し)ない」と訳す
饑寒食べ物がなく寒さに凍えること
長吁深いため息をつくこと

Tunagari_title
・『杜子春伝(杜子春者、蓋周隋閒人〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,984 pt 
 役に立った数 13 pt 
 う〜ん数 3 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。