新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

老子『小国寡民』書き下し文、現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
老子『小国寡民』

ここでは中国の思想家老子が著したとされる「老子(老子道徳経)」の中の『小国寡民』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

小国寡民とは、読んで字の如く「小さい国で国民は少ない」を意味し、老子が理想とした国のあり方とされています。

あらすじ

現代語訳だけでは漠然としていてわかりにくい点があるので、初めにざっくりとしたあらすじを紹介します。主に漢文の後半部分です。

国民が昔ながらの生活をし、食事や着ている服、住んでいる家や習慣に満足をしている。このような環境下であれば、例え隣国が目と鼻の先ぐらいの距離にあったとしても、国民は自分たちの国に満足をしているので、わざわざ他国まで出かけて行くこともない。結果的に、他国と比べることがなくなり、自分たちに無いものを求め、自分たちよりも持っている人たちを妬み奪おうとする心が芽生えなくなる。また、領土を拡大しようとする欲求も生まれない。そんな世界が理想である。

白文(原文)

小国寡民。
使有什伯之器而不用。
使民重死而不遠徙、雖有舟輿、無所乗之、雖有甲兵、無所之。

使民復結縄而用之、甘其食、美其服、安其居、楽其俗、隣国相望、鶏犬之声相聞、民至老死、不相往来。
"出展:「老子」(老子道徳経)独立第八十"

書き下し文

小国寡民。
什伯(じゅうはく)の器有れども用ゐざらしむ。
民をして死を重んじんて遠く徙(うつ)らざらしめば、舟輿(しゅうよ)有りと雖(いへど)も、之に乗る所無く、甲兵有りと雖も、之を陳(つら)ぬる所無し。

民をして復た縄を結びて之を用ゐ、其の食を甘(うま)しとし、其の服を美とし、其の居に安んじ、其の俗を楽しましめば、隣国相望み、鶏犬の声相聞こゆるも、民老死に至るまで、相往来せざらん。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・老子『小国寡民』書き下し文、現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 31,738 pt 
 役に立った数 71 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。