新規登録 ログイン

12_80 2次関数 / 2次関数の最大・最小値

2次関数

著者名: 東工大
Text_level_1
マイリストに追加
今回は2次関数のやり方を伝えると同時に同じ問題をミスさせないように上手く、サジェスチョンしていけるように解説していこうと思います。
では、本題に入ろうと思います。まず、最初におそらく中学校時代に苦手だったという人が多いと思います。ですが、はっきり言って中学校の時より簡単だとやってみると思うと思ってもらえると思います。実際その通りなので全く言うことがありません。
では、入りますか。
例えば、定義域がある最大値、最小値を求める問題を今回はやりましょう。
頂点(1,5),点(3,-5)だとします。
頂点はy=a(x-p)+qという形の公式に当てはめるだけです。よって、y=a(x-1)+5となります。(ちなみに頂点の1はpの事で、5はqの事を指します。)ここから、先ほどのy=a(x-1)+5は点(3,-5)をグラフで通るので、これを、代入します。そうすると、
-5=a(3-1)の二乗+5を計算すると、-5=4a+5、-4a=10、これをや2で約分してa=-2分の5となります。
あとは、出した答えを代入して計算すると、答えに辿り着くことが出来るでしょう。
Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
2次関数

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,218 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。