新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

十八史略『背水之陣(漢三年、韓信・張耳〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
十八史略『背水之陣』

ここでは、十八史略の中の『背水之陣(漢三年、韓信・張耳、以兵撃趙〜)』について、書き下し文、現代語訳(口語訳)と解説を行っています。

史記のものとは異なるので注意してください。

白文(原文)

漢三年、韓信・張耳、以兵撃趙。
趙王歇、及成安君陳余禦之。
夜半、信伝発軽騎二千人、人赤持、従間道望趙軍、戒曰

「趙見我走、必空逐我。若、疾入趙壁、抜趙幟、立漢赤幟。」


乃使万人先背水陣。

平坦、建大将旗鼓、鼓行出井陘口。
趙開壁撃之。
良久
信・耳佯棄鼓旗、走水上軍。
趙果空壁逐之。
水上軍皆殊死戦。
趙軍已失信等、帰壁、見赤幟大驚、遂乱遁走。
漢軍夾撃、大破之、斬陳余、趙歇。

諸将因問曰、

「兵法『右-倍山陵、前-左水沢。』
今背水而勝何也。」


信曰、

兵法不曰『陥之死地而後生、置之亡地而後存。』乎。」


諸将皆服。

書き下し文

漢の三年、韓信・張耳、兵を以ゐて趙を撃つ。
趙王歇、及び成安君陳余之を禦(ふせ)ぐ。
夜半、信伝して軽騎二千人を発し、人ごとに赤幟を持ち、間道より趙軍望ましめ、戒めて曰はく、

「趙我の走(に)ぐるを見れば、必ず壁を空しくして我を逐はん。
若(なんじ)、疾く趙の壁に入り、趙の幟を抜きて、漢の赤幟を立てよ。」と。


乃ち万人をして先づ水を背に陣せしむ。

平坦、大将の旗鼓を建て、鼓行して井陘口(せいけいこう)より出づ。
趙壁を開き之を撃つ。
戦ふこと良久(ややひさ)し。
信・耳佯(いつわ)りて鼓旗を棄て、水の上(ほとり)の軍に走る。
趙果たして壁を空しくして之を逐ふ。
水の上の軍皆殊死して戦ふ。
趙の軍已に信等を失ひて、壁に帰り、赤幟を見て大いに驚き、遂に乱れて遁走(とんそう)す。
漢の軍夾撃(きょうげき)して、大いに之を破り、陳余を斬り、趙歇を禽(とりこ)にす。


諸将賀し因りて問ひて曰はく、

「兵法に『山陵を右にし倍(そむ)き、水沢を前にし左にす。』と。
今水を背にして勝ちしは何ぞや。」と。


信曰はく、

「兵法に『之を死地に陥れて而る後に生き、之を亡地に置きて而る後に存す。』と曰わざらんや。」と。


諸将皆服す。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社
NHK高校講座 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_koten/index.html
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 29,596 pt 
 役に立った数 42 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。