新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

十八史略『褒姒大笑(至幽王之時〜)』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『褒姒大笑』

ここでは十八史略の中の『褒姒大笑』の書き下し文、現代語訳(口語訳)と解説を行っています。「褒姒大いに笑ふ(ほうじおおいにわらふ)」と読みます。

白文(原文)

幽王之時、褒人有罪。
入是女於王。
是為褒娰
之。
褒娰不好笑。
王欲其笑、万方不笑。


故王与諸侯約、有至、則挙烽火、召其兵来援。
乃無故挙火。
諸侯悉至。
而無寇。
褒娰大笑。


王廃申后及太子宜臼、以褒娰為后、其子伯服為太子。
宜臼奔申。
王求殺之、弗得
伐申。
申侯召犬戎攻王。
王挙烽火徴兵、不至。
犬戎殺王驪山下。

書き下し文

幽王の時に至り、褒人罪有り。
是の女を王に入る。
是を褒娰と為す。
王之を嬖(へい)す。
褒娰笑ふことを好まず。
王其の笑はんことを欲し、万方すれども笑はず。


故王諸侯と約し、寇至る有らば、則ち烽火を挙げ、其の兵を召して来援せしむ。
乃ち故無くして火を挙ぐ。
諸侯悉く至る。
而れども寇無し。
褒娰大いに笑ふ。


王申后及び太子宜臼を廃し、褒娰を以て后と為し、其の子伯服を太子と為す。
宜臼申に奔る。
王求めて之を殺さんとするも、得ず。
申を伐つ。
申侯犬戎を召して王を攻む。
王烽火を挙げて兵を徴すも、至らず。
犬戎王を驪山の下に殺す。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,814 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。