新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

陳寿『赤壁の戦ひ(時劉備為曹公所破〜)』現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
陳寿『赤壁の戦ひ』

ここでは、三国志の中の『赤壁の戦ひ』の書き下し・現代語訳(口語訳)と解説を行っています。陳寿が著した三国志の中の一節ですので注意してください。

白文(原文)

時劉備為曹公所破、欲引南渡江。
与魯粛遇於当陽、遂共図計
因進住夏口、遣諸葛亮詣権。
権遂遣瑜及程普等、備併力曹公、遇於赤壁。
時曹公軍衆已有疾病。
初一交戦、公軍敗退、引次江北。
瑜等在南岸。
瑜部将黄蓋曰、

「今衆我寡、難与持久。
然観操軍船艦、首尾相接。
可焼而走也。」


乃取蒙衝・闘艦数十艘、実以薪草膏油灌其中、裹以帷幕、上建牙旗。
先書報曹公、欺以欲降。
又予備走舸、各繋大船後、因引次俱前。
曹公軍吏士皆延頸観望、指言、

「蓋降。」


蓋放諸船、同時発火。
時風盛猛、悉延焼岸上営落。
頃之、煙炎張天、人馬焼溺、死者甚衆。
軍遂敗退、還保南郡。
備与瑜等復共追。
曹公留曹仁等守江陵城、径自北帰。

書き下し文

時に劉備曹公の破る所と為り、引きて南のかた江を渡らんと欲す。
魯粛と当陽に遇ひ、遂に共に図計す。
因りて進みて夏口に住(とど)まり、諸葛亮を遣はして権に詣らしむ。
権遂に瑜及び程普等を遣はし、備と力を併せて曹公を逆(むか)へしめ、赤壁に遇ふ。
時に曹公の軍衆已に疾病有り。
初め一たび交戦するや、公の軍敗退し、引きて江北に次す。
瑜等南岸に在り。
瑜の部将黄蓋曰はく、

「今寇(てき)は衆(おほ)く我は寡なく、与に持久し難し。
然るに操の軍の船艦を観るに、首尾相接す。
焼きて走らすべきなり。」と。


乃ち蒙衝・闘艦数十艘を取り、実たすに薪草を以ってし膏油もて其の中に灌ぎ、裹むに帷幕を以ってし、上に牙旗を建つ。
先づ書をもて曹公に報じ、欺くに降らんと欲するを以ってす。
又予(あらかじ)め走舸を備へ、各大船の後に繋ぎ、因りて次を引きて俱に前(すす)む。
曹公の軍の吏士皆頸を延ばして観望し、指(ゆびさ)して言ふ、

「蓋降(くだ)る。」と。


蓋諸船を放ちて、同時発火せしむ。
時に風盛んにして猛く、悉(ことごと)く岸上の営落に延焼す。
頃之(しばらく)して、煙炎天に張り、人馬焼溺し、死する者甚だ衆し。
軍遂に敗退し、還りて南郡を保つ。
備瑜等と復た共に追ふ。
曹公曹仁等を留めて江陵城を守らしめ、径ちに自ら北に帰る。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 探求古典B 漢文編』 桐原書店
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 16,222 pt 
 役に立った数 19 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。