新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『人面桃花(博陵崔護、姿質甚美〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『人面桃花』

ここでは、『人面桃花』の書き下し文・現代語訳とその解説を行っています。人面桃花は、美女の例えに使われたり「相思相愛」という意味をもつ言葉です。長いので2回にわけて書いています。

白文(原文)

博陵崔護、姿質甚美而孤潔寡合。
進士下第。
清明日、独都城南、得居人莊
一畝之宮、花木叢萃、寂若無人。
扣門久之。
有女子、自門隙窺之、問曰。

「誰耶。」


以姓字対曰、

「尋春独行、酒渴求飲。」


女入以杯水至、開門設牀命坐、独倚小桃斜柯佇立、而意属殊厚。
妖姿媚態、綽有余妍。
崔以言挑之、不対。
目注者久之。
辞去、送至門、如不勝情而入。
崔亦睠盻而帰。
嗣後絕不復至


来歲清明日、思之、情不可抑。
徑往尋之、門牆如故、而已扃鎖之。
因題詩於左扉曰、

去年今日此門中

人面桃花相暎紅

人面祇今何処去

桃花依旧笑春風


つづき

書き下し文

博陵の崔護、姿質甚だ美にして、孤潔合ふこと寡なし。
進士に挙げらるるも、下第す。
清明の日、独り都城の南に遊び、居人の荘を得たり。
一畝の宮にして、花木叢萃し、寂として人無きがごとし。
門を扣くこと之を久しうす。
女子有り、門隙より之を窺ひ、問ひて曰はく、

「誰ぞや。」と。


姓字を以て対へて曰はく、

「春を訪ねて独り行き、酒渇して飲を求む。」と。


女人杯水を以て至り、門を開き牀を設けて銘じて坐せしめ、独り小桃の斜柯に倚(よ)りて佇立(ちょりつ)し、意属殊に厚し。
妖姿媚態、綽として余姸有り。
崔言を以て之に挑むも、対へず。
目注する者(こと)之を久しうす。
崔辞去するや、送りて門に至り、情に勝へざるがごとくして入る。
崔もまた睠盼(けんべん)して帰る。
嗣後絶えて復た至らず。


来歳の清明の日に及び、忽(たちまち)之を思ひ、情抑ふべからず。
逕(ただ)ちに往きて之を尋ぬれば、門牆故(もと)の如くなるも、已に之を鎖扃(さけい)せり。
因りて詩を左扉に題して曰はく、

「去年の今日此の門の中(うち)
人面桃花相映じて紅なり
人面は祇だ今何れの処にか去る
桃花は旧に依りて春風に笑む」と。


つづき

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『人面桃花(博陵崔護、姿質甚美〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
『教科書 探求古典B 漢文編』 桐原書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 31,542 pt 
 役に立った数 26 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。