新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『春夜宴桃李園序』現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『春夜宴桃李園序』

ここでは中国の詩人、李白が詠んだ詩『春夜宴桃李園序』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。『春夜宴桃李園序』の読み方は、『春夜桃李園に宴するの序』です。

この詩にはいくつか引用が含まれており、それらを頭にいれておかなければ理解することが難しくなります。引用部分の解説については下部で述べています。

白文(原文)

夫天地者万物之逆旅、光陰者百代之過客
浮生若夢、為歓幾何。
古人秉燭夜遊、良有以也。
陽春召我以煙景、大塊仮我以文章。

会桃李之芳園、序天倫之楽事。
群季俊秀、皆爲恵連。
吾人詠歌、独慚康楽

幽賞未已、高談転清。
瓊筵以坐花、飛羽觴而酔月。
不有佳作、何伸雅懐
如詩不成、罰依金谷酒数

書き下し文

夫れ天地は万物の逆旅にして、光陰は百代の過客なり。
而して浮生は夢のごとし、歓を為すこと幾何ぞ。
古人燭を秉りて夜遊ぶ、良に以有るなり。
況んや陽春我を召くに煙景を以てし、大塊の我に仮すに文章を以てするをや。

桃李の芳園に会して、天倫の楽事を序す。
群季の俊秀は、皆恵連たり。
吾人の詠歌は、独り康楽に慚づ。
幽賞未だ已まず、高談転た清し。
瓊筵を開きて以て花に坐し、羽觴を飛ばして月に酔ふ。
佳作有らずんば、何ぞ雅懐を伸べん。
如し詩成らずんば、罰は金谷の酒数に依らん。

次ページ:現代語訳と解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 33,558 pt 
 役に立った数 90 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。