新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

史記『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

項王の軍は、垓下の城壁の中に立てこもりました。
兵の数は少なく、食料も尽きてしまいました。
漢の軍勢(沛公)と(それに味方する)諸侯の兵士は、城壁を幾重にも包囲しました。
ある夜に、漢の軍勢が四方で皆、(項王の故郷である)楚の歌を歌うのを聞いて、項王は大変驚いて言いました。

「漢はすでに楚を手中におさめたのだろうか。
(漢軍の中に)なんと楚の人間が多いことか。」と。


項王はそこで、夜に起き上がって本陣の中で宴を開きました。
(項王の元には)美人がいて、名前を虞と言いました。
いつも寵愛されて、付き従っていました。
(項王の元には)駿馬がいて、名前を騅と言いました。
(項王は)つねにこれに乗っていました。

そこで項王は悲しげに歌い、激しく心をたかぶらせて、自ら詩を作って歌いました。

私の力は山を引き抜き、気力は天下を覆うほどであった。

(しかし)時勢の利は(もう我々には)なく騅は進もうとしない。

騅が進もうとしないのをどうすることができようか、いやできない。

虞よ虞よ、お前をどうすればよいのか、いやどうしようもない。


歌うこと数回、虞美人はこれ(項王の歌)に合わせ(て歌い)ました。
項王は幾筋かの涙を流しました。
(項王の)側近の者は皆泣き、顔をあげて(項王を)正視ることができた者はいませんでした。

単語・文法解説

垓下中国の地名
帳中本陣と訳す
可奈何疑問、反語、肯定の意味で訳すことができるが、ここでは反語「どうすることができようか、いやできない」と訳す
奈若何こちらも反語を表すが、「可」が含まれていないので、「どうすればよいのか、いやどうしようもない」と訳す
数闋数回

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・史記『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 396,053 pt 
 役に立った数 1,194 pt 
 う〜ん数 157 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。