新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『鴻門之会・沛公虎口を脱す』(沛公已出〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

沛公は既に出ました。
項王は都尉陳平に、沛公を呼びに行かせました。
沛公が言います。

「いま出てきたが、まだ別れの挨拶をしていない。
これをどうしたらよいか。」と。


樊噲が言います。

「大事を成すためには小さな謹みにかまってはいられませんし、大いなる儀礼の前では小さな謙り合いなど問題ではありません。
いま、相手は包丁とまな板(なようなもの)であり、我々は魚と肉(のようなもの)です。
どうして別れの挨拶をする必要がありましょうか。」と。


そしてそのまま立ち去りました。
そこで張良を留まらせて謝罪をさせることにしました。
張良は尋ねて言いました。

「大王(沛公)はここにいらっしゃるとき、何を(土産として)持ってきましたか。」と。


(沛公が)言います。

「私は白璧一双を持参し、項王に献上しようと、そして玉斗一双を亜父に与えようと思っていましたが、その怒りにあって無理に献上することはしませんでした。
あなたが私のためにこれを献上しなさい。」と。


張良が言いました。

「謹んでお受けいたします。」と。


このとき、項王の軍は鴻門のもとにあり、沛公の軍は霸上にありました。
互いの(陣営の)距離は四十里ほどでした。
沛公はそこで(従えてきた)馬車と騎兵を置いて、身一つで抜けだして一人で馬に乗り、
樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信ら四人は剣と盾を持って走り、酈山のふもとから、芷陽へと抜け道を通って行きました。

沛公が張良に言いました。

「この道から我軍に至るには、二十里にしかすぎない。
私は軍中に着く頃合いを見計らって、あなたは(宴会の席に)入れ。」と。


つづく

単語・文法解説

項王使都尉陳平召沛公「使AB」で「AをしてBせしむ」と読み、「AにBをさせる」と訳す
未辞也「未」は再読文字。「いまだ〜ず」と読み、「まだ〜ない」と訳す
刀俎包丁とまな板
何辞為「どうして別れの挨拶をする必要があろうか」と疑問として訳す
令張良留謝「令」は「使」と同じで「令AB」で「AをしてBせしむ」と読む
不敢献「不敢A」で「あえてAしない」と訳す

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『鴻門之会・沛公虎口を脱す』(沛公已出〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 271,959 pt 
 役に立った数 221 pt 
 う〜ん数 44 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。