新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『鴻門之会・沛公虎口を脱す』(沛公已出〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
史記『鴻門之会』

ここでは史記の中の『鴻門之会・沛公虎口を脱す』(沛公已出〜)の書き下し文、現代語訳とその解説をおこなっています。

※前回のテキスト:『鴻門之会・樊噲、頭髪上指す』(於是張良至軍門、見樊噲〜)現代語訳

白文(原文)

沛公已出。
項王使都尉陳平召沛公
沛公曰、

「今者出、未辞也
為之奈何。」


樊噲曰、

「大行不顧細謹、大礼不辞小讓。
如今人方為刀俎、我為魚肉。
何辞為。」


於是遂去。
令張良留謝
良問曰、

「大王来、何操。」


曰、

「我持白璧一双、欲献項王、玉斗一双、欲与亜父、会其怒不敢献
公為我献之。」


張良曰、

「謹諾。」


当是時、項王軍在鴻門下、沛公軍在霸上。
相去四十里。
沛公則置車騎、脱身独騎、与樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信等四人、持剣盾歩走、従酈山下、道芷陽間行。
沛公謂張良曰、

「従此道至吾軍、不過二十里耳。
度我至軍中、公乃入。」


つづく

書き下し文

沛公已に出づ。
項王都尉陳平をして沛公を召さしむ。
沛公曰はく、

「今者出づるに、未だ辞せざるなり。
之を為すこと奈何」と。


樊噲曰はく、

「大行は細謹を顧みず、大礼は小讓を辞せず。
如今人は方に刀俎たり、我は魚肉たり。
何ぞ辞するを為さん」と。


是に於いて遂に去る。
乃ち張良をして留まりて謝せしむ。
良問ひて曰はく、

「大王来たるとき、何をか操れる」と。


曰はく、

「我白璧一双を持し、項王に献ぜんと欲し、玉斗一双をば、亜父に与へんと欲せしも、其の怒りに会ひて敢へて献ぜざりき。
公我が為に之を献ぜよ」と。


張良曰はく、

「謹みて諾す」と。


是の時に当たりて、項王の軍は鴻門の下に在り、沛公の軍は霸上に在り。
相去ること四十里なり。
沛公則ち車騎を置き、身を脱して独り騎し、樊噲・夏侯嬰・靳彊・紀信等四人と、剣盾を持して歩走し、酈山の下より、芷陽に道して間行す。

沛公張良に謂ひて曰はく、

「此の道より吾が軍に至るには、二十里に過ぎざるのみ。
我の軍中に至れるを度り、公乃ち入れ」と。


つづく

次ページ:現代語訳と解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『鴻門之会・沛公虎口を脱す』(沛公已出〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 141,759 pt 
 役に立った数 88 pt 
 う〜ん数 17 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。