新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

『鴻門之会・剣の舞』(沛公旦日従百余騎〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

現代語訳(口語訳)

沛公は翌朝百騎余り(の部下)を従えて、項王にお目にかかろうと鴻門にやってきました。
言い訳をして言うことには、

「私は将軍(項王のこと)と力をあわせて秦を攻めました。
将軍は河北で戦い、私は河南で戦いました。
しかしながら思いもよらなかったことです、(私の方が将軍より)先に関中に入って秦を破り、また将軍にここでお目にかかることができるとは。
今、つまらない者の告げ口があって、将軍に私と仲違いをさせようとしています。」と。


項王は言いました。

「これ(告げ口)はお前の左司馬である曹無傷が言ったのだ。
そうでなければ、この私がどうしてこのようなこと(沛公を攻撃すること)をするだろうか、いやしないはずだ。」と。



(和解したことに)よって項王はその日、沛公を引き留めて一緒に酒を飲みました。
項王・項伯(項王の伯父)は東を向いて座り、亜父は南を向いて座りました。
亜父とは范増のことです。
沛公は北を向いて座り、張良は西を向いて(沛公のそばに)控えました。
范増はたびたび項王に目配せをし、腰につけた玉玦を持ち上げて、項王に(沛公を殺すよう)何度も示しました。
(※別解釈:三度を「三回」と訳すものもある。)
項王は黙ったままこれに応じようとはしませんでした。

(そこで)范増は席をたって外に出て、項荘を呼び寄せて言いました。

「項王は、人となりとして残酷なことができない。
お前は宴会の席に入って、健康を祈れ。
祈りが終わったら、剣舞を願い出て、(剣舞にあわせて)沛公が座っているところを襲い殺してしまえ。
そうでなければ、お前の一族は皆(沛公に)捕虜とされてしまうであろう。」と。


項荘はすぐに入って健康の祈りを捧げました。
祈りを終えて(項荘は)言いました。

「項王は沛公と飲んでおられます。
軍中であるために、音楽を奏でるすべがありません。
剣舞を舞うことをお許しください。」と。


項王は言いました。

「良いだろう。」と。


項荘は剣を抜いて立って舞い始めました。
(范増の計画に気づいた)項伯もまた剣を抜いて立って舞い、身をもって沛公をかばいました。
(このために)項荘は(沛公を)討つことができませんでした。

※つづく:そこで張良は陣営の入り口に行き、樊噲と会いました〜

単語・文法解説

沛公のちの劉邦
項王項羽のこと
旦日翌朝
身分の高い人と会うときには「まみゆ」と読む
「私」相手にへりくだって言うときに使う言葉
能先入関破秦「能A」で「よくAす」と読み、「Aすることができる」と訳す
小人之言つまらない者の告げ口。曹無傷が項王に対して「沛公が項王を裏切ろうとしている」と告げ口をしたこと
「籍」は項王の本名。本名で呼びかけることで沛公を許したことを示している
何以至此「何以A」で「何を以つてかA」で「どうしてAをしようか、いやしない」と反語の意味を含む
項伯項王の伯父。沛公の家臣である張良と親しい
東嚮坐宴の席では東向きが上座に、続いて南向きとなる。沛公が座った北向きは下座になる
亜父父に次ぐ者の意味で、この宴で項王の次に位の高い人と解釈する
范増范増は項王軍の参謀
腰につける
以示之者三ここでは、「三回示した」ではなく「何度か示した」と訳す
為人人となり、人柄
「なんじ」と読み「お前」を意味する
不者「しからずんば」と読み「もしそうでなければ」と仮定を表す
若属皆且為所虜「且」は再読文字で、「まさに〜とす」と読み「今まさに〜しようとしている」と訳す
翼蔽「親鳥が子を翼で隠すように」という比喩表現

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・『鴻門之会・剣の舞』(沛公旦日従百余騎〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 標準 古典B 漢文編』 第一学習社
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 844,635 pt 
 役に立った数 1,628 pt 
 う〜ん数 212 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。