manapedia
烈女伝『孟母断機』の現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
50,742 views

現代語訳(口語訳)

孟子が若かった頃、学び終えて(実家に)帰ったところ、孟子の母親はちょうど機織りをしているところでした。(母親が孟子に)尋ねて言いました。

「学問はどこまで進みましたか。」と。


孟子は言いました。

「少しも変わりありません。(進捗がありません。)」と。


(それを聞いた)孟子の母親は、刀で(いままで織っていた)織物を切ってしまいました。孟子は恐る恐るその理由を尋ねました。孟子の母親が言います。

「あなたが学問をやめてしまうことは、私がこの織物を切ってしまうようなものです。そもそも君子というのは、学問で名を立て、(わからないことは)尋ねて見識を広めます。こうすることで、仕官せずに家にいるときは安らかであり、仕官して活動するときには(様々な)障害を遠ざけるのです。いまの状態(学問を修めていない状態)で学ぶことをやめるということは、使用人となることを免れず、災難から離れることもありません。布を織って生計を立てているのに、途中で(織ることを)やめてしまい布を完成させないのとどうして異なりましょうか、いや、異なりません。(その状態だと)どうして夫や子に服を着せ、いつまでも食料に困らせない(ひもじくさせない)ことができましょうか、いやできません。女性が(機織りによって)生計を立てることをやめ、男性が徳を修めることを怠れば、窃盗をしなければ、使用人となってしまうでしょう。」と。


孟子は(母の怒りに)恐れおののいて、朝も晩も学問に打ち込み休むことはありませんでした。子思先生に師事し、ついには天下に名高い儒者となったのでした。

単語・文法解説

孟母方織「方」は「ちょうどそのとき」、「機」は「機を織る」を意味する
若吾断欺織也「若A」で「Aのようなものだ」と訳す
廝役使用人、下僕
禍患災難、不幸
寧能衣其夫・子、而長不乏糧食哉「寧能A哉」で「Aすることができるだろうか、いやできない」と訳す
不為窃盗ここでの「不」は「ずんば」と読む。「〜しなければ」という仮定を表す
虜役使用人、下僕
旦夕朝も晩も



1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。