新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

烈女伝『孟母断機』の現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『孟母断機』

ここでは中国の故事『孟母断機』の書き下し文・現代語訳と解説を行っています。

白文(原文)

孟子之少也、既学而帰、孟母方織。問曰、

「学何所至矣。」


孟子曰、

「自若也。」


孟母以刀断其織。
孟子懼而問其故。

孟母曰、

「子之廃学、若吾断欺織也
夫君子学以立名、問則広知。
是以居則安寧、動則遠害。
今而廃之、是不免於廝役、而無以離於禍患也。
何以異於織績而食、中道廃而不為。
寧能衣其夫・子、而長不乏糧食哉
女則廃其所食、男則堕於脩徳、不為窃盗、則為虜役矣。」


孟子懼、旦夕勤学不息。
師事子思、遂成天下之名儒。

書き下し文

孟子の少(わか)きとき、既に学びて帰るに、孟母方(まさ)に織る。
問ひて曰はく、

「学何(いず)れに至る所ぞ。」と。


孟子曰はく、

「自若たり」と。


孟母刀を以つてて其の織を断つ。
孟子懼(おそ)れて其の故を問ふ。
孟母曰はく、

「子の学を廃するは、吾の斯の織を断つが若きなり。
夫(そ)れ君子は学びて以て名を立て、問ひて則ち知を広む。
是(ここ)を以つて居(を)れば則ち安寧にして、動けば則ち害に遠ざかる。
今にして之を廃するは、是れ廝役(しえき)を免れずして、以つて禍患より離るる無きなり。
何を以つて織績して食するに、中道にして廃して為さざるに異ならんや。
寧(いず)くんぞ能く其の夫・子に衣(き)せて、長く糧食に乏しからざらしめんや。
女則ち其の食する所を廃し、男則ち徳を脩(をさ)むるを堕(おこた)れば、窃盗を為さずんば、則ち虜役と為らん。」と。


孟子懼(おそ)れて、旦夕学に勤めて息(や)まず。
子思に師事し、遂に天下の名儒と成れり。

次ページ:現代語訳と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店
『教科書 高等学校 古典B 漢文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 25,035 pt 
 役に立った数 60 pt 
 う〜ん数 5 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。