新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語『子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎』書き下し文・現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
論語『子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎』

ここでは、論語の中の『子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎』で始まる文の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。

白文(原文)

子貢問曰、

「有一言而可以終身行之者乎。」


子曰、

「其乎。己所不欲、勿施於人。」


書き下し文

子貢問ひて曰はく、

「一言にして以つて終身之を行ふべき者有りや。」と。


子曰はく、

「其れ恕か。己の欲せざる所、人に施すこと勿かれ。」と。


現代語訳(口語訳)

子貢が質問して言いました。

「一言、生涯貫き通すべき言葉はありますか。」と


孔子先生はおっしゃいました。

「それは恕(思いやりの心)であろうか。自分がしてほしくないことは、他人にもしてはならない。」と。


単語解説

終身生涯
人の立場や心情を察する心。思いやりの心
勿施於人「勿」は禁止を表す言葉。「於」は置き字


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合 古典編』 東京書籍
鎌田正、米山寅太郎 著 2011 『新漢語林 第二版』大修館書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 13,886 pt 
 役に立った数 24 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。