新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「康頼祝言 2」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

康頼祝言

参るたびごとには、康頼入道祝詞を申すに、御幣紙も無ければ、花を手折りて捧げつつ、

維あれたる当歳、次治承元年丁酉、月の並び十月二月、日の数三百五十余箇日、吉日良辰を択んで、掛けまくも忝く、日本第一大領験、熊野三所権現、飛滝大薩埵の教令、宇豆の広前にして、信心の大施主、羽林藤原成経並に沙弥性照、一心清浄の誠を致し、三業相応の志を抽めて、謹んでもつて敬白。夫証誠大菩薩は、済度苦海教主、三身円満之覚王也。或東方浄瑠璃医王の主、衆病悉除の如来也。或南方補陀落能化の主、入重玄門の大士、若王子は娑婆世界の本主、施無畏者の大士、頂上の仏面を現じて、衆生の所願を満て給へり。是によって、上一人より下万民に至るまで、或現世安穏のため、或後生善処のために、朝には浄水を結んで煩悩の垢をすすぎ、夕には深山に向て宝号を唱えふるに、感応おこたることなし。峨峨たる嶺の高きをば、神徳の高きに喩へ、険険たる谷の深きをば、弘誓の深きに准へて、雲を分けて登り、露を凌いて下る。爰に利益の地をたのまずむば、いかんが歩を険難の路にはこばむ。権現の徳をあふがずんば、何必しも幽遠の境にましまさむ。仍証誠大権現、飛滝大薩埵、青蓮慈悲の瞳を相並べ、さをしかの御耳をふりたてて、我等が無二の丹誠を知見して、一々の懇志を納受し給へ。然れば則ち結ぶ、早玉の両所権現、おのおの機に随って、有縁の衆生をいちびき、無縁の群類をすくはむがために、七宝荘厳の栖を捨てて、八万四千の光を和らげ、六道三有の塵に々給へり。故に定業亦能転、求長寿得長寿の礼拝、袖をつらね、幣帛礼奠を捧ること暇なし。忍辱の衣を重ね、覚道の花を捧げて、神殿の床を動かし、信心の水をすまして、利生の池を湛たり。神明納受し給はば、所願なんぞ成就せざらむ。仰願は十二所権現、利生の翅翔を並べて、遥に苦海の空にかけり、左遷の愁をやすめて、帰洛の本懐をとげしめ給へ。再拝。とぞ、康頼祝言をば申しける。


Tunagari_title
・平家物語原文全集「康頼祝言 2」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 797 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!