新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「大納言死去 1」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

大納言死去

さる程に、法勝寺の執行俊寛僧都、平判官康頼、この少将相ぐして、三人薩摩潟鬼界が島へぞ流されける。彼島は都を出でて遥々と、浪路を凌いで行く所なり。おぼろげにては舟も通はず、島にも人まれなり。をのづから人はあれども、この土の人にも似ず、色黒うして牛の如し。身には頻りに毛生ひつつ、云ふ詞も聞き知らず。男は烏帽子もせず、女は髪も下げざりけり。衣裳なければ人にも似ず。食する物もなければ、ただ殺生をのみ先とす。賤が山田を返さねば、米穀の類もなく、園の桑を採らざれば、絹綿の類もなかりけり。島のなかには、高き山あり。とこしなへに火燃ゆ。硫黄といふ物満ち満てり。かるが故に硫黄が島とも名付けたり。雷常に鳴りあがり、鳴りくだり、麓には雨しげし。一日片時も人の命のたへてあるべき様もなし。


さる程に、新大納言は少しくつろぐ事もやと思はれけるに、子息丹波少将成経も、はや鬼界島へ流され給ひぬと聞きて、今はさのみつれなく、何事をか期すべきとて、出家の志の候ふよし、便りに付けて小松殿へ申されければ、このよし法皇へ伺ひ申して、御免ありけり。やがて出家し給ひぬ。栄花の袂を引き替へて、浮世をよそに墨染の袖にぞやつれ給ふ。大納言の北方は、都の北山、雲林院の辺に、忍びてぞおはしける。さらぬだに住みなれぬ所は物憂きに、いとど忍ばれければ、過ぎ行く月日も明かしかね、暮らしわづらふ様なりけり。女房・侍多かりけれども、或いは世をおそれ、或いは人目を慎むほどに、問ひとぶらふ者一人もなし。されどもその中に、源左衛門尉信俊といふ侍一人、情ことにふかかりければ、常にとぶらひ奉る。ある時北方、信俊を召して、

「まことや、これには、備前の児島に聞こえしが、このほど聞けば、有木の別所とかやにおはすなり。いかにもして、今一度はかなき事のあとをも奉り、御おとづれをも聞かばや。」


とこそのたまひけれ。信俊涙をおさへ申しけるは、

「幼少より御憐をかうぶりて、片時も離れ参らせ候はず。御下りの時も、何共して御供仕うど申し候ひしか共、六波羅より許されねば、力及び候はず。召され候ひし御声も、耳にとどまり、いましめられまゐらせし御詞も、肝に銘じて、片時も忘れまゐらせ候はず。たとひこの身にはいかなる目にもあひ候へ、とうとう御文たまはつて参り候はむ。」


とぞ申しける。北方なのめならず悦んで、やがて書いてぞたうだりける。をさなき人々も、面々に御文あり。

つづき
Tunagari_title
・平家物語原文全集「大納言死去 1」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,437 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!