新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

宇治拾遺物語『尼、地蔵を見奉ること』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
宇治拾遺物語『尼、地蔵を見奉ること』

このテキストでは、宇治拾遺物語の中の『尼、地蔵を見奉ること』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


今は昔、丹後国に老尼ありけり。地藏菩薩は暁ごとに歩き給ふといふことを、ほのかに聞きて、暁ごとに、地藏見奉らんとて、ひと世界 まどひありくに、博打の打ち呆けていたるが見て、

「尼君は、寒きになにわざし給ふぞ」といへば、

「地藏菩薩の暁にありき給ふなるに、あひ参らせんとて、かくありくなり」といへば、

「地藏のありかせ給ふみちは、我こそ知りたれば、いざ給へ、あはせ参らせむ」といへば、

「あはれ、うれしき事かな。地藏のありかせ給はむ所へ、われを率ておはせよ」といへば、

「われに物をえさせ給へ。やがて率て奉らむ」と言ひければ、

「此着たるきぬ奉らむ」といへば、

「いざ給へ」

とて、隣なる所へ率てゆく。


尼悦ていそぎゆくに、そこの子に、ぢざうと云童ありけるを、それが親を知りたりけるによりて、

「ぢざうは」

と問ひければ、親

「あそびにいぬ。いま来なむ」といへば、

「くは、ここなり。ぢざうのおはします所は」

といへば、尼、うれしくて、つむぎのきぬを、ぬぎてとらすれば、博打は急ぎて取りていぬ


尼は、地藏見参らせんとていたれば、親共は、心得ず、など此童を見むと思ふらむと思ふ程に、十ばかりなる童の来るを、

「くは、ぢざう」といへば、

尼、見るままに是非もしらず、臥しまろびて、おがみ入て、土にうつぶしたり。童、楚をもてあそびけるままに、来たりけるが、その楚して、手すさびのやうに、額をかけば、額よりかほのうへまでさけぬ。さけたる中より、えもいはずめでたき地藏の御顏見え給ふ。尼おがみ入りて、うち見あげたれば、かくてたち給へれば、涙をながしておがみ入参らせて、やがて極楽へ参りけり。

されば心にだにもふかく念じつれば、佛も見え給ふなりけると信ずべし。

問題

Q1:「ほのかに聞きて」とあるが何を聞いたのか、文中から抜き出しなさい。


Q2:「やがて率て奉らむ。」を現代語訳しなさい。


Q3:「やがて率て奉らむ。」と言ひければとあるが、「言ひければ」の主語を答えなさい。


Q4:「そこの子」の「そこ」と何を指すか、文中から抜き出しなさい。


Q5:「博打は、急ぎて取りていぬ。」とあるが、なぜ博打はそのようにしたのか答えなさい。


Q6:「いぬ」の動詞の活用の種類と活用形を答えなさい。


Q7:「えもいはずめでたき地蔵の御顔」を現代語訳しなさい。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校 国語総合』 明治書院
『教科書 精選国語総合』 明治書院

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,332 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。