新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

今物語『桜木の精』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
今物語『桜木の精』

このテキストでは、今物語の中の『桜木の精』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ、久しく仰せ言なかりける夕暮れに、あながちに恋ひ奉りて、 端近くながめゐたるに、御車の音などもなくて、ふと入らせ給ひたりければ、待ち得て夜もすがら語らひ申しける。暁方に、いささかまどろみたる夢に、糸の付きたる針を御直衣の袖に刺すと見て夢覚めぬ。

さて帰らせ給ひにける朝に、御名残を思ひ出でて、例の端近くながめいたるに、前なる桜の木に糸の下がりたるを、あやしと思ひて見ければ、夢に、御直衣の袖に刺しつる針なりけり。いと不思議なり

あながちに物を思ふ折には、木草なれども、かやうなることの侍るにや。その夜御渡りあること、まことにはなかりけり。

問題

Q1:「内侍」、「仰せ言」、「直衣」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「あながちに恋ひ奉りて、端近くながめゐたるに」を現代語訳しなさい。


Q3:「ふと入らせ給ひたりければ」を主語を明確にして現代語訳しなさい。


Q4:「夜もすがら」の意味を答えなさい。


Q5:「帰らせ給ひける朝に」を主語を明確にして現代語訳しなさい。


Q6:「いと不思議なり」とはなにが不思議なのか。


Q7:「草木なれども、かやうなることの侍るにや」の「かやうなること」とはどのようなことか記しなさい。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍
『教科書 新編国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,537 pt 
 役に立った数 10 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。