新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

十訓抄『博雅の三位と鬼の笛』テストで出題されそうな問題

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
十訓抄『博雅の三位と鬼の笛』

このテキストでは、十訓抄の中の『博雅の三位と鬼の笛』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。

次の文章を読み、問いに答えよ


博雅の三位、月の明かかりける夜、直衣にて、朱雀門の前に遊びて、夜もすがら笛を吹かれけるに、同じさまに、直衣着たる男の、笛吹きければ、誰ならむと思ふほどに、その笛の音、この世にたぐひなくめでたく聞こえければ、あやしくて、近寄りて見ければ、いまだ見ぬ人なりけり。我もものをも言はず、かれも言ふことなし。かくのごとく、月の夜ごとに行きあひて吹くこと、夜ごろになりぬ。

かの人の笛の音、ことにめでたかりければ、試みに、かれを取りかへて吹きければ、世になきほどの笛なり。そののち、なほなほ月ごろになれば、行きあひて吹きけれど、

もとの笛を返し取らむ。」

とも言はざりければ、長くかへてやみにけり。三位失せてのち、帝、この笛を召して、時の笛吹きどもに吹かせらるれど、その音を吹きあらはす人なかりけり。

そののち、浄蔵といふ、めでたき笛吹きありけり召して吹かせ給ふに、かの三位に劣らざりければ、帝、御感ありて、

「この笛の主、朱雀門のあたりにて得たりけるとこそ聞け。浄蔵、このところに行きて、吹け。」

と仰せられければ、月の夜、仰せのごとく、かれに行きて、この笛を吹きけるに、かの門の楼上に、高く大きなる音にて、

「なほ逸物かな。」


と褒めけるを、かくと奏しければ、初めて鬼の笛と知ろしめしけり。葉二と名づけて、天下第一の笛なり。

問題

Q1:「三位」、「朱雀門」、「直衣」を現代仮名遣いで記しなさい。


Q2:「誰ならむと思ふ」の主語を答えなさい。


Q3:「もとの笛を返し取らむ」と言ったのは誰か。またこの文の現代語訳をしなさい。


Q4:「めでたき笛吹きありけり」とあるが、「めでたき」とはここではどのような意味か答えよ。


Q5:「召して吹かせ給ふ」の主語を答えなさい。


Q6:「このところに行きて、吹け。」とあるが、「このところ」を指す語句を文章中から抜き出しなさい。


次ページ:解答と現代語訳

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 古文編』 明治書院
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 精選古典B 古文編』 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,836 pt 
 役に立った数 40 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。