manapedia
宇治拾遺物語『虎の鰐取りたること』のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
18,183 views

品詞分解

品詞分解はこちら
宇治拾遺物語『虎の鰐取りたること』の品詞分解

単語・文法解説

ほど
一丈は約3メートル
つづまりラ行四段活用の動詞「つづまる」の連用形。「小さくなる、ちぢこまる」の意味
うかがふハ行四段活用の動詞「うかがふ」の終止形。「狙う、機会をうかがう」の意味
告げガ行下二段活用の動詞「告ぐ」の連用形。「知らせる」の意味
え躍りつかで副詞「え」は下に打消や反語をともなって、「〜できない」と訳す。ここでは「で」が打消を表す接続助詞
みぎは水際
あゆヤ行下二段活用の動詞「あゆ」の終止形。「血や汗などがしたたり流れる」の意味
食ひ切られたるなりけり「けり」は過去ではなく詠嘆を表す助動詞として訳す
ひらがりラ行四段活用の動詞「ひらがる」の連用形。「平べったくなる、平伏する」の意味
「おとがひ」と読む。「あごの下あたり」を指す。
なよなよと弱々しく
方向



1ページ
前ページ
2/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。