新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

発心集『蓮花城、入水のこと』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
発心集『蓮花城、入水のこと』

ここでは、発心集の中の『蓮花城、入水のこと』の「近きころ、蓮花城といひて、人に知られたる聖ありき〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

近きころ、蓮花城といひて、人に知られたる聖ありき。登蓮法師、相知りて、ことにふれ、情けをかけつつ過ぎけるほどに、年ごろありて、この聖の言ひけるやうは、

「今は年に添へつつ弱くなりまかれば、死期の近づくこと、疑ふべからず。終はり正念にてまかり隠れむこと、極まれる望みにて侍るを、心のすむとき、入水をして終はり取らむと侍る。」


と言ふ。登蓮聞きおどろきて、

「あるべきことにもあらず。いま一日なりとも、念仏の功を積まむとこそ願はるべけれ。さやうの行は、愚痴なる人のする業なり。」


と言ひていさめけれど、さらにゆるぎなく思ひかためたることと見えければ、

「かく、これほど思ひ取られたらむに至りては、とどむるに及ばず。さるべきにこそあらめ。」


とて、そのほどの用意なんど、力を分けて、もろともに沙汰しけり。

つひに、桂川の深き所に至りて、念仏高く申し、時経て水の底に沈みぬ。その時、聞き及ぶ人、市のごとく集まりて、しばらくは貴み悲しぶこと限りなし。登蓮は、年ごろ見慣れたりつるものを、とあはれにおぼえて、涙を押さへつつ帰りにけり。


かくて、日ごろ経るままに、登蓮、物の怪めかしき病をす。あたりの人あやしく思ひて、としけるほどに、霊あらはれて、

「ありし蓮花城。」


と名のりければ、

「このこと、げにとおぼえず。年ごろ相知りて、終はりまでさらに恨みらるべきことなし。いはむや、発心のさま、なほざりならず、貴くて終はり給ひしにあらずや。かたがた、何のゆゑにや、思はぬさまにて来たるらむ。」


と言ふ。物の怪の言ふやう、

「そのことなり。よく制し給ひしものを、我が心のほどを知らで、いひがひなき死にをして侍り。さばかり、人のためのことにもあらねば、その際にて思ひ返すべしともおぼえざりしかど、いかなる天魔の仕業にてありけむ、まさしく水に入らむとせし時、たちまちに悔しくなむなりて侍りし。されども、さばかりの人中に、いかにして我が心と思ひ返さむ。

あはれ、ただ今、制し給へかし、と思ひて目を見合はせたりしかど、知らぬ顔にて、『今はとく、とく。』ともよほして沈みてむ恨めしさに、何の往生のこともおぼえずすずろなる道に入りて侍るなり。このこと、我がおろかなる咎なれば、人を恨み申すべきならねど、最期に口惜しと思ひし一念によりて、かくまうで来たるなり。」


と言ひける。

現代語訳(口語訳)

最近のことですが、蓮花城といって、有名な聖人がいました。登蓮法師は(蓮花城と)親交があって、何かにつけて(蓮花城に対して)面倒をみて時が過ぎるうちに、数年経って、この聖(蓮花城)が言うことには、

「昨今、年をとるにつれて弱くなってまいりましたので、死期が近づいていることを疑うことがありません。最期には邪念を払った心のままで死ぬことが、最上の望みなのですが、心が澄んでいるときに、入水をして死のうと思っております。」


といいました。登蓮法師は聞き驚いて、

「そうすべきことではありません。もう一日であっても、念仏の修行を積もうと祈願すべきです。そのような行い(入水)は、愚かな人のすることです。」


と言って諌めたのですが、(蓮花城の様子が)いっそう揺るぎなく(心に)思い固めたことであると思われたので、

「このように、これほど(強く)決心されたのであれば、(私も)引き止めることはできません。そうなる運命なのでしょう。」


といって、(その蓮花城が入水をするための)用意などを、力を貸して、一緒に準備したのでした。

ついに(入水の日を迎え)、桂川の深い所にまできて、念仏を声高く唱え、時間がたってから(蓮花城は)水の底に沈みました。その時は(蓮花城が入水すると)聞いた人が、市場のように集まっていて、しばらくの間、(蓮花城の死を)尊み悲しむことこのうえありません。登蓮は、長年慣れ親しんだ(間柄だった)のになあと、悲しく思って、涙をおさえながら帰っていきました。


こうして、日が過ぎるうちに、登蓮は、物の怪がついたような病気になりました。近所の人があやしく思って、一大事だといっているうちに、霊が(登蓮の前に)現れて

「ありし日の蓮花城です。」


と名のったので、(登蓮は)

「これは、本当だとは思えません。長年親交があって、最期まで少しも恨まれることはありません。ましてや、(あなたの)発心の様は、いいかげんなものではなく、尊くお亡くなりになられたではありませんか。いずれにしても、何の理由があって、思いもしない容姿で来たのですか。」


と言います。物の怪が言うことには、

「そのことでございます。よく(入水を)止めてくださったものを、(私は自分の)心のほどを知らないで、どうしようもない死に方をしました。それほど、人のためにしたことでもないので、入水の間際で思い返すこともないと思っていたのですが、どのような天魔の所業であったのでしょうか、まさに水に入ろうとした時に、たちまちに後悔の気持ちが出てきたのです。しかしながら、あのような(大勢の)人の中に、どうやって自分の考で引き返すことができましょうか、いやできません。あぁ、今、入水を止めてください、と思って(あなたの)目を見合わせたりしたのですが、(あなたは)知らぬ顔で、『今は早く、早く』とせきたてるので(それを見ながら)沈んでいった恨めしさに、少しも往生のことを考えもしませんでした。(そのせいで)予期せぬ道に入ったのでございます。このことは、私が愚かだったことの罰なので、人を恨み申し上げるべきではないのですが、死に際に残念だと思った一念によって、このように参ったのです。」


と言いました。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 19,358 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。