新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

古今著聞集『能は歌詠み』のわかりやすい現代語訳・口語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
古今著聞集『能は歌詠み』

ここでは、古今著聞集の中の『能は歌詠み』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)


花園の左大臣の家に、初めて参りたりけるの、名簿のはしがきに、

は歌詠み。」


と書きたりけり。


大臣、秋のはじめに、南殿に出でて、はたおりの鳴くを愛しておはしましけるに、暮れければ、

「下格子に、人参れ。」


仰せられけるに、

蔵人の五位たがひて、人も候はぬ。」


と申して、この侍参りたるに、

「ただ、さらば、汝下ろせ。」


と仰せられければ、参りたるに、

「汝は歌詠みな。」


とありければ、かしこまりて御格子下ろしさして候ふに、

「このはたおりをば聞くや。一首仕うまつれ。」


と仰せられければ、

「青柳の」


と、初めの句を申し出だしたるを、候ひける女房たち、折にあはずと思いたりげにて笑ひ出だしたりければ、

「物を聞き果てずして笑ふやうある。」


と仰せられて、

「とく仕うまつれ。」


とありければ、

青柳のみどりの糸をくりおきて夏へて秋ははたおりぞ鳴く

と詠みたりければ、大臣感じ給ひて、萩織りたる御直垂を押し出だして賜はせけり。


寛平の歌合せに、「初雁」を、友則、

春霞かすみていにしかりがねは今ぞ鳴くなる秋霧の上に

と詠める、左方にてありけるに、五文字を詠みたりける時、右方の人、声々に笑ひけり。さて次の句に、

「かすみていにし」


と言ひけるにこそ、音もせずなりにけれ。同じことにや。


現代語訳(口語訳)

花園の左大臣の家に、初めて参上した侍が、名簿の端に書き添えて

「得意なことは歌を詠むことです。」


と書きました。


大臣が、秋のはじめごろに、南殿に出て、きりぎりすの鳴く声を愛でていらっしゃったのですが、日が暮れたので

「格子を下ろしに、誰か参れ。」


と命じられたところ、

「蔵人の五位がいつもと違って(いないので)、(私の他に)人がおりません。」


と申し上げて、この侍が参上したところ、(大臣が)

「かまわないから、それではお前が下ろせ。」


と命じられたので、(その侍が御格子を)下ろし申し上げていたところ(大臣が)

「お前は歌詠みであったな。」


とおっしゃられたので、(侍は)恐縮して御格子を下ろす手をとめてそばにお控えしていたところ、(大臣が)

「このきりぎりすの音を聞いているか。(この虫の音を題材に)一首お詠みなさい。」


とおっしゃられたので、(侍は)

「青柳の」


と最初の句を申し上げ始めたところ、(その場にいた)女房たちは、季節に合わないと思ったようで笑い出したので、(大臣は)

「最後まで物を聞かずに笑うことがあるか、いや、あってはならない。」


とおっしゃって、

「早く詠み申せ。」


と命じられたので、

青柳の緑色の糸をたぐっていた夏を経て秋になったので、たぐっておいた糸を使って機織り(はたおり)で布を織ろうとしたのですが、はたおり(きりぎりす)が鳴いているではありませんか。

と詠んだので、大臣は感動なさって、荻が織ってある直垂を、(しまってあった御簾から)押し出して、(侍に)お与えになりました。


(場面は変わって)寛平の歌合せのときに、「初雁」を(題材にした歌を詠むときに)、友則が

春霞よ、その霞の中に飛んでいってしまった雁は、今は秋の霧の上で鳴いている

と詠んだとき、(友則は)左方にいたのですが、(最初の)五文字を読み上げた時に、右方の人が、声々に笑いました。それから(友則は)次の句に、

「かすみていにし」


と言ったときには、その笑い声もなくなってしまいました。(この侍の歌詠みの話は、)この話と同じことでしょうか。


次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 96,668 pt 
 役に立った数 86 pt 
 う〜ん数 15 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。