新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

徒然草『久しく隔たりて会ひたる人の』のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
徒然草『久しく隔たりて会ひたる人の』

ここでは、徒然草の中の『久しく隔たりて会ひたる人の』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

久しく隔たりて会ひたる人の、わが方にありつること、数々に残りなく語り続くるこそ、 あひなけれ。隔てなく慣れぬる人も、ほど経て見るは、はづかしからかはつぎさまの人は、あからさまに立ち出でても、今日ありつることとて、息もつぎあへず語り興ずるぞかし。よき人の物語するは、人あまたあれど、一人に向きて言ふを、 おのづから人も聞くにこそあれ。よからぬ人は、たれともなく、あまたの中にうち出でて、 見ることのやうに語りなせば、みな同じく笑ひののしる、いとらうがはし。をかしきことを言ひてもいたく興ぜぬと、興なきことを言ひてもよく笑ふにぞ、品のほど計られぬべき。

人のみざまのよしあし、ある人はそのことなど定め合へるに、おのが身をひきかけて言ひ出でたる、いとわびし。

現代語訳(口語訳)

長い間離れていて(久しぶりに)会った人で、自分にあったこと(自分の話を)、さまざまに残ることなく語り続けることは、不快である。離れることなく慣れ親しんだ人であっても、しばらくたって会うのは、気まりが悪くはないだろうか、いや気恥ずかしい。二流の人は、ちょっと出かけても、今日起こったことといって、息もつけないほどに面白がって話をするものです。教養のある身分の高い人が話をするときは、(その場に)人が多くいても、(その中の)一人に向かって話をするので、(その他の人も)自然と耳を傾けるのです。教養のない人は、誰に語るというわけでもなく、大勢の中に出しゃばって、(あたかも自分が)目にしているかのように(おおげさに)語り、(その場にいる)皆も同じように大いに笑うので、ひどく騒がしいです。情緒深いことを言っても、それほどおもしろがることもなく、おもしろくないことを言ってもよく笑うというのは、その人の品格を推し量ることができるでしょう。

人の外見の良し悪しや、学識のある人はそのことを批評しあうのに、自分の身を引き合い口に出して言うことは、とても興ざめなものです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
「教科書 高等学校 古典B」 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 26,295 pt 
 役に立った数 37 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。