新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』

ここでは宇治拾遺物語の中の『袴垂、保昌に会ふこと』の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては、「袴垂と保昌 」、「袴垂、保昌に合ふ事」と題されているものもあるようです。

本文(原文)

昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり。十月ばかりに、衣の用なりければ、衣少しまうけむとて、さるべき所々、うかがひありきけるに、夜中ばかりに、人、みな静まり果てて後、月の朧なるに、衣、あまた着たりける主の、指貫のそば挟みて、絹の狩衣めきたる着て、ただ一人、笛吹きて、行きもやらず、練り行けば、

あはれ、これこそ、我に絹得させむとて、出でたる人なめり。」


と思ひて走りかかりて、衣をはがむと思ふに、あやしくものの恐ろしくおぼえければ、添ひて、二、三町ばかり行けども、我に人こそ付きたれと思ひたる気色もなし。

いよいよ笛を吹きて行けば、試みむと思ひて、足を高くして、走り寄りたるに、笛を吹きながら見返りたる気色、取りかかるべくもおぼえざりければ、走り退きぬ。


かやうにあまたたびとざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたる気色なし。希有の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。さりとてあらむやはと思ひて、刀を抜きて走りかかりたるときに、そのたび、笛を吹きやみて、立ち返りて、

「こは、何者ぞ。」


と問ふに、心も失せて、我にもあらで、つい居られぬ。また、

いかなる者ぞ。」


と問へば、今は逃ぐとも、よも逃がさじとおぼえければ、

「引きはぎに候ふ。」


と言へば、

「何者ぞ。」


と問へば、

、袴垂となむ、言はれ候ふ。」


と答ふれば、

「さいふ者ありと聞くぞ。あやふげに、希有のやつかな。」


と言ひて、

「ともに、まうで来。」


とばかり、言ひかけて、また、同じやうに、笛吹きて行く。

この人の気色、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、鬼に取られたるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着きぬ。いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。家のうちに呼び入れて、綿厚き衣、一つを給はりて、

「衣の用あらむときは、参りて申せ。心も知らざらむ人に取りかかりて、汝、過ちすな。」


とありしこそ、あさましくむくつけく恐ろしかりしか。

いみじかりし人のありさまなり。」


と、捕らへられて後、語りける。

現代語訳(口語訳)

昔、袴垂といって、並々ではない盗賊の首領がいました。十月の頃に、着物が必要であったので、着物を少し用意しようと、(盗みをするのに)適した場所を機会をねらって歩いていたところ、夜中ぐらいで、人が皆寝静まった後、月がぼんやりと霞んでいる時に、着物をたくさん身につけている人が、指貫の裾をあげてくくり結んで、絹の狩衣のようなものを着て、ただ一人、笛を吹きながら、行くともなしに、ゆっくりと静かに行くので、(これを見た袴垂は、)

「ああ、この人こそ、俺に絹の着物を得させようとして現れた人であろう。」


と思って走りかかり、着物をはぎとろうと思うのですが、不思議となんだか恐ろしく感じられたので、後に付いて、二、三町ほど行くのですが、(その人は)自分に人が付いてきていると思っているそぶりはありません。ますます笛を吹きながら進むので、(袴垂は)試してみようと思って、足音を高くして(その人に)走り寄ってみるのですが、笛を吹きながら(袴垂のことを)振り返って見たその様子に、(袴垂は、その人に)襲いかかることができそうだとは思われなかったので、走って逃げてしまいました。


このように、何度も、(着物を盗むためにこの人に)あれこれとするのですが、(この人は)少しも慌てる様子がありません。(袴垂はこの人のことを)珍しい人だなと思って、十余町ほど付いていきます。そうはいっても(このままの状態で)良いのだろうか、いやよくないと思って、刀を抜いて走りかかったところ、そのときは、(その人は)笛を吹くのをやめて、立ち返って

「お前は、何者だ。」


と問いかけると、(袴垂は)気力が失せて、心ここにあらずで、膝をついて座ってしまいました。さらに(その人は、)

「どのような者か。」


と問いかけると、今逃げても、(その人は自分のことを)まさか逃すことはないだろうと思ったので、

「追い剥ぎにございます。」


と言うと、(その人は)

「何者なのか。」


と問いただすので、(袴垂は)

「通称、袴垂と言われております。」


と答えたので、(その人は)

「そのような者がいると聞いている。物騒で、とんでもないやつだな。」


と言って、

「一緒に、ついて来い。」


とだけ言って、また、同じように、笛を吹いて行きます。


この人の様子(を見ると)、今逃げようとしてもまさか逃しはしないだろうと思ったので、鬼に心を取られたようになって、一緒に行くと、(その人の)家に行き着きました。(袴垂が、ここは)どこであろうかと思うと、摂津前司保昌という人(の家)なのでした。(保昌は、袴垂のことを)家の中に呼び入れて、錦の厚い着物を一つお与えになって、

「着物が必要になったときには、参って申しなさい。心も知らないような人にとりかかって、お前が、失敗をするな。」


と言われたときには、驚いて、恐ろしく、怖く(感じた)のでした。

「並々でない人の有り様でした。」


と(袴垂は)、捕まえられた後に、語ったのでした。

次ページ:品詞分解・単語文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
「教科書 古典B」筑摩書房 
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
「教科書 高等学校 古典B」 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 83,364 pt 
 役に立った数 68 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。