新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子『古今の草子を(いと久しうありて〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
枕草子『古今の草子を』

ここでは、枕草子の『古今の草子を(いと久しうありて〜)』を現代語訳をしています。タイトルが『古今の草子を』となっていますが、「清涼殿のうしとらの隅の北のへだてなる御障子には〜」からなる段の一節です。

原文(本文)

いと久しうありて、起きさせ給へるに、なほこの事勝ち負けなくてやませ給はむ、いとわろしとて、下の十巻を、明日にならば、ことをぞ見給ひ合するとて、今宵定めてむと、大殿油まゐりて、夜更くるまで読ませ給ひける。されど、つひに負け聞えさせ給はずなりにけり。

『うへ、渡らせ給ひて、かかる事。』

など、殿に申しに奉られたりければ、いみじう思し騒ぎて、御誦経など数多せさせ給ひて、そなたに向きてなむ、念じ暮さし給ひける。すきずきしう、あはれなる事なり。」

など、語り出させ給ふを、うへも聞しめし、めでさせ給ふ。

「われは三巻四巻だにえ見果てじ。」と仰せらる。

「昔は、えせ者も皆をかしうこそありけれ。」

「このごろは、かやうなる事やは聞ゆる。」

など、御前に候ふ人々、うへの女房、こなた許されたるなど参りて、口々言ひ出でなどしたるほどは、誠につゆ思ふ事なく、めでたくぞおぼゆる。

現代語訳(口語訳)

(帝は)だいぶしばらく経ってから、お目覚めになられると、やはりこの事(歌当て)の勝ち負けをつけずに終わらせてしまわれるのは、とてもよくないと(お思いになっています)。(全20巻のうちの)下の十巻を、明日になると、(女御はこの勝負に備えて)別の本をご覧になって参考にするだろうと(帝はお思いになり)、今夜のうちに勝負を決してしまおうと、大殿油に火をつけて、夜が更けるまでお読みになられました。しかし、(女御は、帝に)負けなさるということはありませんでした。

『天皇が女御のところにいらっしゃって、このような事を(なさっています)。』

などと、(女御の父である)殿に(女御が使いをたてて)お知らせ申し上げたところ、(殿は)大変心配なさって、僧に経を詠ませることなどをたくさんさせなさって、宮中の方角に向かって、(娘が間違えないようにと)お祈りを続けられました。風流があって、趣深く感じることです。」


などと、(中宮定子様が)語り始められたのを、帝(一条天皇)もお聞きになって、賞賛なさいます。

「私は3巻4巻でさえ読み終えることはできないだろう。」

と(帝は)おっしゃいます。

「昔は、身分の低い者なども皆、風流だったのですね。」

「最近は、このようなことは聞くでしょうか、いや聞いたことがありません。」

など、(中宮定子様の)御前に控える人々や、一条天皇の(世話係りである)女房で、(中宮の部屋に)入室を許された者などが参って、口々に言い出している様子は、本当にまったく気がかりなことなく、すばらしいことがと思われます。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・枕草子『古今の草子を(いと久しうありて〜)』の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 22,313 pt 
 役に立った数 26 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。