新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子『古今の草子を(古今の草子を御前に置かせ給ひて〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
枕草子『古今の草子を』

ここでは、枕草子の『古今の草子を(古今の草子を御前に置かせ給ひて〜)』を現代語訳をしています。タイトルが『古今の草子を』となっていますが、「清涼殿のうしとらの隅の北のへだてなる御障子には〜」からなる段の一節です。

原文(本文)

古今の草子を御前に置かせ給ひて、歌どものを仰せられて、

「これが、いかに。」

と問はせ給ふに、すべて、夜昼心にかかりておぼゆるもあるが、けぎよう申し出でられぬは、いかなるぞ。宰相の君ぞ十ばかり、それもおぼゆるかは。まいて、五つ六つなどは、ただおぼえぬよしをぞ啓すべけれど、

「さやは、けにくく、仰事をはえなうもてなすべき。」と、わび、口をしがるもをかし。

知ると申す人なきをば、やがてみな読みつづけて、夾算せさせ給ふを、

「これは、知りたる事ぞかし。などかく拙うはあるぞ。」

といひ嘆く。中にも、古今あまた書き写しなどする人は、皆もおぼえぬべきことぞかし。

続く

現代語訳(口語訳)

(中宮定子様は)古今和歌集をご自分の前にお置きになって、いろんな和歌の上の句をおっしゃって、

「この(上の句に続く)下の句は、何でしょうか。」

とお尋ねになられます。だいたい、昼夜を問わず頭の中にあって覚えているものもありますが、きれいさっぱりと(忘れて)申し上げることができないのはどうしたことでしょうか。宰相の君でも10首ばかりで(お答えになりましたが)、それでも覚えているといえるでしょうか、いやいえないでしょう。まして5つ、6つ(しか答えられないの)は、ただ覚えていない旨を(中宮定子様に)申し上げるほうがよいのですが、

「そのように、そっけなく、(中宮定子様の)お言葉にさえなく返事をして、よいものでしょうか、いやできません。」

といって、(周りの女房たちが)困って、悔しがる様子はおもしろいです。(下の句を)知っていると申し上げる人がない和歌は、そのまま(中宮定子様が下の句まで)読み続けられて、しおりをおはさみになるのですが、

「この和歌は、知っていました。何でこうもうまく言えないのでしょう。」

といって(女房たちは)嘆いています。中でも、古今和歌集を数多く(何度も)書き写したことがある人は、すべて覚えていても当然のことなのですが。

続く

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・枕草子『古今の草子を(古今の草子を御前に置かせ給ひて〜)』の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 28,775 pt 
 役に立った数 5 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。