新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

発心集『叡実、路頭の病者を憐れむ事』の現代語訳・口語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
発心集『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』

ここでは、発心集の中の『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』の現代語訳と解説を行っています。

原文(本文)

山に叡実阿闍梨といひて、貴き人ありけり。帝の御悩み重くおはしましけるころ、召しければ、たびたび辞し申しけれど、重ねたる仰せ否びがたくて、なまじひにまかりける道に、あやしげなる病人の、足手もかなはずして、ある所の築地のつらに平がり臥せるありけり。

阿闍梨これを見て、悲しみの涙を流しつつ、車よりおりて、あはれみとぶらふ。畳求めて敷かせ、上に仮屋さしおほひ、食ひ物求めあつかふほどに、やや久しくなりにけり。勅使、

「日暮れぬべし。いといと便なき事なり。」

といひければ、

「参るまじき。かく、その由を申せ。」

といふ。御使ひおどろきて、ゆゑを問ふ。阿闍梨言ふやう、

「世を厭ひて、心を仏道に任せしより、帝の御事とても、あながちに貴からず。かかる病人とてもまたおろかならず。ただ同じやうにおぼゆるなり。それにとりて、君の御祈りのため、あらん僧を召さんには、山々寺々に多かる人誰かは参らざらん。さらに事欠くまじ。この病者に至りては、厭ひ汚む人のみありて、近づきあつかふ人はあるべからず。もし我捨てて去りなば、ほとほと寿も尽きぬべし。」

とて、彼をのみあわれみ助くる間に、つひに参らずなりにければ、時の人ありがたきことになん言ひける。

この阿闍梨、終はりに往生を遂げたり。くはしく伝にあり。

現代語訳(口語訳)

山に叡実阿闍梨といって、尊い人がいました。帝のご病気が重くていらっしゃったころに、(帝が阿闍梨を宮廷に)召されたのですが、(阿闍梨は)何度も辞退申し上げたのですが、度重なるご命令を断ることができなくて、しぶしぶ参上する道中に、みすぼらしい病人で、足も手も思うようにならない状態で、とある場所の築地のそばに平べったくなって伏せている人がいました。

阿闍梨はこれを見て、悲しみの涙を流しながら、車からおりて、同情し見舞いました。敷物を探し求めて敷かせて、上を仮の小屋で覆い、食べ物を探し求めて世話を焼いているうちに、だいぶ時間がたってしまいました。(迎えに来た)勅使が

「日が暮れてしまうでしょう。非常に都合の悪い事です。」

と言ったので(阿闍梨は)、

「参内はしないでしょう。このように、その旨を申し上げてください。」

と言います。勅使は驚いて、理由を尋ねます。(すると)阿闍梨が言うことには、

「世俗を嫌がって、心を仏道にまかせてからは、帝のご用事とはいっても、むやみに尊いということではありません。このような病人といっても粗略にはできません。ただ同じように思われるのです。それに、帝の(病気をはらうための)御祈祷のために、効き目のある僧を召そうとすれば、山々寺々にたくさんいる僧のうち誰かが参上しないことがありましょうか、いや参上するはずです。決して事欠くことはないでしょう。この病人にいたっては、いやがり汚がる人だけがいて、近づいて世話を焼く人はいないでしょう。もし私が(この人を)見捨てて去ったならば、すぐに寿命が尽きてしまうでしょう。」

といって、彼(病人)だけを同情して助けているうちに、とうとう参上しないでしまったので、世間の人々は、貴重なことであると言いました。

この阿闍梨は、最後に往生を遂げました。詳しくは往生伝にあります。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 58,249 pt 
 役に立った数 45 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。