新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『須磨の秋』

ここでは、源氏物語の中の『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけりと思し出でて、殿上の御遊び恋しく、所々眺め給ふらむかしと思ひやり給ふにつけても、月の顔のみまもられ給ふ。

「二千里外故人心」

と誦じ給へる、例の涙もとどめられず。入道の宮の、

「霧や隔つる。」

とのたまはせしほど、言はむ方なく恋しく、折々のこと思ひ出で給ふに、よよと、泣かれ給ふ。

「夜更け侍りぬ。」

と聞こゆれど、なほ入り給はず。

見るほどぞしばし慰むめぐりあはむ月の都は遥かなれども

その夜、主上のいとなつかしう昔物語などし給ひし御さまの、院に似奉り給へりしも、恋しく思ひ出で聞こえ給ひて、

「恩賜の御衣は今ここにあり。」

と誦じつつ入り給ひぬ。御衣はまことに身放たず、かたはらに置き給へり。

憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にも濡るる袖かな

現代語訳(口語訳)

月がたいそう明るく美しく出たので、今夜は十五夜であったなあとお思い出しになって、宮中での管弦の遊びを恋しく思い、方々は(同じようにこの月を)眺めていらっしゃるだろうよとお思いになるにつけても、月の顔ばかりをじっとお見つめになられます。

「二千里外故人心」

と声に出して唱えられ、(周りの人々は)いつものように涙を止めることができないでいます。入道の宮が、

「霧や隔つる。」

とおっしゃられたことが、言いようもなく恋しく、その時その時のことを思い出しなさると、おいおいと、お泣きになります。

「夜が更けて参りました。」

と(従者が言うのが)聞こえますが、やはり(寝室には)お入りになられません。

見ているうちは、しばしの間ですが気がまぎれます。再び出会うであろう、月の都は遥か遠くにあるけれど。

(去年の)その夜に、主上がたいへん親しく昔話などをされていたご様子が(1つ前の)院に似申していらっしゃったことを、(光源氏は)恋しく思い出し申し上げなさって、

「恩賜の衣は今はここにある。」

と口に出しながら(寝室に)お入りになりました。衣は本当に体から離すことなく、側においていらっしゃいます。

(須磨に追いやった主上のことを)恨めしいとばかり一途に思うことができずに、(恨めしいだけでなく懐かしみの涙でも)左右の袖が濡れることです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 59,452 pt 
 役に立った数 53 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。