新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『須磨の秋』

ここでは、源氏物語の中の『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

「 げに、いかに思ふらむ、我が身ひとつにより、親、はらから、かた時たち離れがたく、ほどにつけつつ思ふらむ家を別れて、かく惑ひ合へる。」

と思すに、いみじくて、

「 いとかく思ひ沈むさまを、心細しと思ふらむ。」

と思せば、昼は何くれとたはぶれごとうちのたまひ紛らはし、つれづれなるままに、色々の紙を継ぎつつ手習ひをし給ひ、めづらしき様なる唐の綾などに、さまざまの絵どもをかきすさび給へる、屏風のおもてどもなど、めでたく、見所あり。人々の語り聞こえし海山のありさまを、遥かに思しやりしを、御目に近くては、 げに及ばぬ磯のたたずまひ、 二なくかき集め給へり。

「 このころの上手にすめる千枝、常則などを召して、作り絵仕うまつらせばや」

と、心もとながり合へり。なつかしうめでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、近うなれ仕うまつるうれしきことにて、四、五人ばかりぞ、つと候ひける。

続く

現代語訳(口語訳)

「本当に、(従者たちは)どう思っているのだろう、私一人のために、親や兄弟が、かた時も離れがたいと、家柄や身分相応に思っているであろう家を離れて、このようにさまよっているとは。」

と(光源氏が)お思いになると、悲しく思い、

「(私が)このように大変思い沈んでいる様子を(見ると)、(彼らは)心細いと思っているであろう。」

とお思いになるので、昼間はなんやかんや冗談をおっしゃって気を紛らわし、することもなくただ見にまかせて、様々な紙を継ぎ合わせては心のおもむくままに書き流すことをなさり、珍しい様子の唐(中国)の織物などに、さまざまな絵を慰み半分にお書きなさります、屏風の表に書かれた絵などは、大変すばらしく、見る価値があります。(都で)人々が(光源氏に)お話申し上げた海や山の様子を、遠く遥かなこととして想像なさっていらしたことを、(今はその海や山が)お目の近くにあるとなると、本当に、(その想像の絵では)及ばない磯の様子を、比類のないほど(立派に)お描き集めになっています。

「近頃、名人とされている千枝、常則などをお呼びになって、(光源氏がお描きになられた)絵に色をつけさせ申し上げたいものです。」

といって、(皆)残念がっています。(光源氏の)親しみやすくすばらしいご様子に、(皆は)世の中の憂鬱なことを忘れて、(光源氏のお側に)お仕え申し上げていることを嬉しく思い、四、五人ほどがそのままお仕えしていました。

続く

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 96,678 pt 
 役に立った数 33 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。