新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『須磨・心づくしの秋風(その日は、女君に御物語〜)』の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『須磨・心づくしの秋風』

ここでは、源氏物語『須磨・心づくしの秋風(その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて〜)』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて、例の、夜深く出で給ふ。狩の御衣など、旅の御よそひ 、いたくやつし給ひて、

「月出でにけりな。なほすこし出でて、見だに送り給へかし。いかに聞こゆべきこと多くつもりにけりとおぼえむとすらむ。一日、二日たまさかに隔つる折だに、あやしういぶせき心地するものを。」

とて、御簾巻き上げて、端に誘ひきこえ給へば、女君、泣き沈み給へる、ためらひて、ゐざり出で給へる、月影に、いみじうをかしげにてゐ給へり。

「わが身かくてはかなき世を別れなば、いかなるさまにさすらへ給はむ。」

と、うしろめたく悲しけれど、思し入りたるに、いとどしかるべければ、

「生ける世の別れを知らで契りつつ命を人に限りけるかな はかなし」

など、あさはかに聞こえなし給へば、

惜しからぬ命に代へて目の前の別れをしばしとどめてしかな

「げに、さぞ思さるらむ」

と、いと見捨てがたけれど、明け果てなば、はしたなかるべきにより、急ぎ出で給ひぬ。
道すがら、面影につと添ひて、胸もふたがりながら、御舟に乗り給ひぬ。

現代語訳(口語訳)

(光源氏が須磨に出発する)その日は、女君(紫の上)にのんびりとお話をし申し上げ、日が暮れるまでお過ごしなさって、いつものように、夜深くにご出発なさいます。狩の御衣など、旅のご装束は、たいそう目立たないようになさって、

「月も出たなぁ。もう少し端に出て、せめてお見送りをなさってください。(須磨に行ってしまったら)どんなに申し上げたいことがたくさんたまってしまったことよと思うでしょう。一日、二日時たまに間をおいているときでさえ、気がかりで気が晴れない心地がするのですから。」

といって、御簾を巻き上げて、(紫の上を)端に(来るように)お誘い申し上げなさると、紫の上は、泣き伏していらっしゃいましたが、心を静めて、膝を立てて(前に)出ていらっしゃいます、月の影に(顔が映えて)、とても美しいご様子でいらっしゃいます。

「私の身はこのようにはかない世と別れてしまったならば、(身寄りのなくなった紫の上は)どのようにさまよっていかれるのでしょうか。」

と、光源氏は、先が気がかりで悲しく思いますが、(紫の上が)深く心に思い込みなさっているので、(何かを口にすると)よりいっそう悲しませそうなので、

「生きているこの世にも、別れ(生き別れ)というのがあるのを知らないで、命あるかぎりは一緒にいると約束をしたのです。あっけないものです。」

などと、(光源氏が)あっさりと申し上げなさると(紫の上は)

惜しとは思わないこの命にかえて、目の前にある(この)別れを少しの間止めたいものです

(光源氏は、)
「本当に、そのように思われているのだろう。」

と、大変見捨てがたいのですが、夜が明けてしまったならば、(出発するところを誰かに見られて)きまりが悪いので、急いでご出発なされました。道中、(紫の上の)面影が(浮かんで)身に添っているようで(に思えて)、胸が詰まった思いをしながら、お舟にお乗りになりました。


次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 28,172 pt 
 役に立った数 21 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。