新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『ゆく蛍・行く蛍』の現代語訳・口語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『ゆく蛍』

ここでは伊勢物語の中の『ゆく蛍』の現代語訳をしています。

原文(本文)

昔、男ありけり。人の娘のかしづく、いかでこの男にもの言はむと思ひけり。うち出でむことかたくやありけむ、もの病みになりて、死ぬべき時に、「かくこそ思ひしか。」と言ひけるを、親聞きつけて、泣く泣く告げたりければ、惑ひ来たりけれど、死にければ、つれづれと籠りをりけり。時は水無月のつごもり、いと暑きころほひに、宵は遊びをりて、夜ふけて、やや涼しき風吹きけり。蛍たかく飛び上がる。この男、見ふせりて、

ゆく蛍雲のうへまで往ぬべくは秋風吹くと雁に告げこせ

暮れがたき夏のひぐらしながむればそのこととなくものぞ悲しき

現代語訳(口語訳)

昔、男がいました。ある人の娘で大切に育てている娘が、どうにかしてこの男に想いを伝えようと思っていました。打ち明けることが難しかったのでしょうか、病気になって、死んでしまいそうな時に、「このように思っていたのです。」と言ったのを、親が聞きつけて、(そのことを男に)泣く泣く告げたので、(男は)あわててやってきたのですが、(娘が)死んでしまったので、しみじみともの寂しく(女性の家で喪に服して)引きこもっていました。時は六月の下旬で、大変暑い頃で、宵には楽器の演奏をして、夜が更けてからは、少し涼しい風が吹いていました。蛍が高く飛び上がります。この男は、(その様子を)横になったまま眺めて、(次の詩を詠みました)

飛び上がる蛍よ、雲の上まで飛んでいくことができるのであれば、秋風が吹く(雁が飛来する季節になった)よと(天国の)雁(死んだ娘)に伝えておくれ

暮れにくい夏の一日中、物思いにふけっていると、なんとなくもの悲しく感じるものだ

次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,068 pt 
 役に立った数 29 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。