新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「少将乞請 2」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

少将乞請

舅の宰相の許へ出でられたれば、北方は近う産すべき人にておはしけるが、今朝よりこの嘆きをうち添へては、既に命も絶え入る心地ぞせられける。少将、御所を罷り出づるより、流るる涙つきせぬに、北方の有り様を見給ひては、いとどせんかたなげにぞ見えられける。少将の乳母に六条といふ女房あり。

「 御乳に参りはじめ候ひて、君をちの中より抱き上げ参らせ、月日の重なるにしたがひて、我が身の年のゆくことをば嘆かずして、君の大人しうならせ給ふ事をのみ、うれしう思ひ奉り、あからさまとは思へども、すでに廿一年はなれ参らせず。院・内へ参らせ給ひて遅う出だせ給ふだにも、おぼつかなう思ひ参らするに、いかなる御目にかあはせ給はんずらん」


と泣く。少将、

「いたうななげいそ。宰相さておはすれば、命ばかりはさりとも乞ひうけ給はんずらん」


となぐさめども、人目も知らず泣きもだへけり。

つづき
Tunagari_title
・平家物語原文全集「少将乞請 2」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,494 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!