新規登録 ログイン

9_80 その他 / その他

平家物語原文全集「少将乞請 1」

著者名: 古典愛好家
Text_level_1
マイリストに追加
平家物語

少将乞請

丹波少将成経は、其の夜しも院御所法住寺殿にうへ臥して、未だ出でられざりけるに、大納言の侍共、急ぎ院御所へ馳せ参って、少将殿を呼び出だし奉り、この由申すに、

「などや宰相の許より、今まで知らせざるらん」


とのたまひもはてぬば、宰相殿よりとて使あり。この宰相と申すは、入道相国の弟なり。宿所は六波羅の惣門の内なれば、門脇の宰相とぞ申しける。丹波少将には舅なり。

「何事にて候やらん、入道相国のきっと西八条殿へ具し奉れと候ふ」


と言はせられたりければ、少将この事心得て、近習の女房達呼び出だし奉り、

「 夜辺何となう世の物騒がしう候しを、例の山法師の下るかなんど、よそに思ひて候へば、はや成経が身の上に候けり。大納言よりさりきらるべう候ふなれば、成経も同罪にてこそ候はんずらめ。今一度御前へ参って、君をも見参らせたく候へども、すでにかかる身に罷りなって候へば、憚り存じ候」


とぞ申されける。女房達御前へ参ってこの由奏せられければ、法皇おほきにおどろかせ給ひて、

「さればこそ。今朝の入道相国が使に、はや御心得あり。あは、これらが内々はかりし事のもれにけるよ」


とおぼしめすにあさまし。

「さるにてもこれへ」


と御気色ありければ、参られたり。法皇御涙を流させ給ひて仰せ下さるる旨もなし。少将も涙に咽んで申しあぐる旨もなし。ややあってさてもあるべきならねば、少将袖をかほにおしあてて、泣くなく罷り出でられけり。皇後はうしろを遥かに御覧じ送らせ給ひて、

「末代こそ心憂けれ。これ限りでまた御覧ぜぬ事もやあらんずらん」


とて、御涙を流させ給ふぞかたじけなき。院中の人々、少将の袖をひかへ、袂にすがって、名残ををしみ涙を流さぬはなかりけり。

つづき
Tunagari_title
・平家物語原文全集「少将乞請 1」

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
梶原正昭,山下宏明 1991年「新日本古典文学大系 44 平家物語 上」岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 1,747 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!