新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

宇治拾遺物語『小野篁、広才のこと』のわかりやすい現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
宇治拾遺物語『小野篁、広才のこと』

ここでは、宇治拾遺物語の中の『小野篁、広才のこと』の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。

原文(本文)

今は昔、小野篁といふ人おはしけり。嵯峨の帝の御時に、内裏に札を立てたりけるに、無悪善と書きたりけり。帝、篁に、

「よめ。」


と仰せられたりければ、

「よみはよみ候ひなん。されど、恐れにて候へば、え申し候はじ。」


奏しければ、

「ただ申せ。」


と、たびたび仰せられければ、

「さがなくてよからんと申して候ふぞ。されば、君を呪ひ参らせて候ふなり。」


と申しければ、

「これは、おのれ放ちては、誰か書かん。」


と仰せられければ、

「さればこそ、申し候はじとは申して候ひつれ。」


と申すに、帝、

「さて、何も書きたらんものは、よみてんや。」


と、仰せられければ、

「何にても、よみ候ひなん」


と申しければ、片仮名の子文字を十二書かせ給ひて、

「よめ。」


と仰せられければ、

「ねこの子のこねこ、ししの子のこじし。」


とよみたりければ、帝ほほ笑ませ給ひて、事なくてやみにけり。

現代語訳(口語訳)

今となっては昔のことですが、小野篁という人がいらっしゃいました。嵯峨天皇の時代に、(誰かが)宮廷に札を立てたのですが、(そこには)無悪善と書いてありました。天皇は篁に

「(立て札を)読みなさい。」


とおっしゃったところ、(篁は)

「読むことは読みましょう。しかし、恐れ多いことですので、申し上げることはできません。」


と(天皇に)申し上げたので(天皇は)

「とにかく読みなさい。」


とたびたびおっしゃったので(篁が、)

「性(嵯峨天皇の嵯峨とかけている)がなくてよいと申しております。つまり、あなた様を呪い申し上げているのです。」


と申し上げると、(天皇が)

「(札の内容がわかるのだから)これはお前以外に、誰が書くというのだろうか。」


とおっしゃったので、(篁は)

「だからこそ(犯人と疑われるからこそ)、(読めるけどその内容は)申し上げまいと申しておりましたのに。」


と申し上げると、帝が、

「それでは、何でも書いてあるものは、きっと読めるのか。」


とおっしゃったので(篁は)、

「なんでも、きっと読みましょう。」


と申し上げたところ、(天皇は)片仮名の子の文字を十二個お書きになって、

「読んでみろ。」


とおっしゃったので(それを見た篁が)、

「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子。」


と読んだところ、帝は微笑まれて、お咎めがないまま(この件は)終わりになりました。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説とテストに出題されそうな問題

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 88,732 pt 
 役に立った数 110 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。