新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『夕顔 廃院の怪(帰り入りて探り給へば女君はさながら〜)』の現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『夕顔 廃院の怪』

ここでは、源氏物語、夕顔の章の中の『廃院の怪』(帰り入りて探り給へば、女君はさながら臥して〜)の現代語訳をしています。

原文(本文)

帰り入りて探り給へば、女君はさながら臥して、右近はかたはらにうつ伏し臥したり。「こはなぞ。あな、ものぐるほしのもの怖ぢや。荒れたる所は、きつねなどやうのものの、人おびやかさむとて、け恐ろしう思はするならむ。まろあれば、さやうのものにはおどされじ。」

とて、引き起こし給ふ。

「いとうたて乱り心地の悪しう侍ば、うつ伏し臥して侍るや。御前にこそわりなく思さるらめ。」

と言へば、

「そよ、などかうは。」

とて、かい探り給ふに息もせず。引き動かし給へど、なよなよとして、我にもあらぬさまなれば、いといたく若びたる人にて、物にけどられぬるなめりと、せむ方なき心地し給ふ。紙燭持て参れり。右近も動くべきさまにもあらねば、近き御几帳を引き寄せて、

「なほ持て参れ。」

とのたまふ。例ならぬことにて、御前近くもえ参らぬつつましさに、長押にもえのぼらず。

「なほ持て来や、所に従ひてこそ。」

とて、召し寄せて見給へば、ただこの枕上に、夢に見えつる容貌したる女、面影に見えて、ふと消え失せぬ。昔物語などにこそ、かかることは聞け、といとめづらかにむくつけけれど、まづ、この人いかになりぬるぞと思ほす心騒ぎに、身の上も知られ給はず、添ひ臥して、

「やや。」

と、驚かし給へど、ただ冷えに冷え入りて、息はとく絶え果てにけり。言はむ方なし。頼もしくいかにと言ひ触れ給ふべき人もなし。法師などをこそはかかる方の頼もしきものには思すべけれど。さこそ強がり給へど、若き御心にて、いふかひなくなりぬるを見給ふに、やる方なくて、つと抱きて、

あが君、生き出で給へ。いといみじき目な見せ給ひそ。」

とのたまへど、冷え入りにたれば、けはひもの疎くなりゆく。右近は、ただあなむつかしと思ひける心地みなさめて、泣き惑ふさまいといみじ。南殿の鬼のなにがしの大臣おびやかしける例を思し出でて、心強く、

「さりともいたづらになり果て給はじ。夜の声はおどろおどろし。あなかま

と諌め給ひて、いとあわたたしきに、あきれたる心地し給ふ。

現代語訳(口語訳)

(光源氏が)お帰りになって(暗闇の中を)手探りなさると、女君(夕顔)はそのまま横になっており、右近は側にうつ伏せになっています。

「これは何事だ。まぁ、異常なほどの怖がり方ではないか。(このように)荒れている所(家)では、狐などが人を脅かそうとして、そら恐ろしく思わせるのだろう。私がいるから、そのようなものには脅されることはあるまい。」

といって、引き起こされます。(右近が)

「とても、よりいっそう気味が悪く取り乱した心地がしたので、うつ伏せになって臥せてていたのです。ご主人様(夕顔)こそむやみやたらに(恐ろしく)お思いでしょう。」

と言えば、(光源氏は)

「そうだ、どうして(このように怖がるの)か。」

と言って探ってご覧になると、(夕顔は)息もしていません。引き動かされますが、弱々しい様子で、正気ではない様子です。たいそう子供っぽく振る舞っている人なので、物の怪に正気を奪われてしまったのであろうと、(光源氏は)どうしたらよいのかわからないままでいらっしゃいます。

(管理人の子が)紙燭を持って参りました。右近も動ける様子ではないので、(光源氏は)近くの御几帳を引き寄せて、

「(紙燭を)もっと近くに持ってこい。」

とおっしゃいます。いつもと違ったことなので(主君の寝室に入るということが例にないことなので)、(管理人の子は)光源氏のお側に寄ることもできず、気が引けて、長押にものぼることができずにいます。

「もっと近くに持ってくるのだ、(遠慮するのも)場所をわきまえてだ。」

といって、近くに寄せて(夕顔の顔を)ご覧になると、すぐこの枕元に、夢で見た姿をした女性が、まぼろしとして現れて、ふっと消えていなくなったのです。昔の物語の中でこそこのようなことは耳にしたことがあります、と、めったにないことで薄気味悪いのですが、まず、この人(夕顔)はどうなったのかとお思いになる胸騒ぎに、(光源氏の)身に何が起こるかもお考えにならずに、寄り添って、

「どうしたのか。」

と起こそうとなさいますが、(夕顔は)ただ冷たくなって、息はすでに絶えてしまっていました。なんとも言いようがありません。(周りには)どうしたらよいかと頼りにお話できる人もおりません。法師などこそは、このような場合に頼りになる者であると思うはずですが。(そのような人も周りにおりません。)(光源氏は)強がっていらっしゃましたが、お若い心持ちであるので、(夕顔が)どうしようもない状態になっているのをご覧になるに、なすすべがなく、じっと抱きしめて

「私の姫君よ、生き返ってください。(私を)とてもひどい目に遭わせないでください。」

とおっしゃいますが、(体は)冷えきってしまい、様子はなんとなくいやな感じになっていきます。右近は、ただ、あぁ気味が悪いと思っていた気持ちはすっかりさめて、泣いて取り乱す様子はとてもはなはだしいです。紫宸殿の鬼が某とかいう大臣を脅かしたという例を思い出して、心強く

「そうはいっても、むなしく死んでしまうことはあるまい。夜の鳴き声は大げさ(に聞こえる)。ほら、やかましい。」

と(右近を)諫めなさいますが、たいそう突然のことで、途方に暮れる気持ちがなさいます。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『夕顔 廃院の怪(帰り入りて探り給へば女君はさながら〜)』の現代語訳

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 54,070 pt 
 役に立った数 72 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。