新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(前の世にも御契りや〜)』の現代語訳・解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

品詞分解

品詞分解はこちら
『前の世にも御契りや〜』の品詞分解

単語・文法解説

めづらかなる形容動詞「めづらかなり」の連体形。めったにない
寄せ後ろ盾
もてかしづきカ行四段活用「もてかしづく」の連用形。大切に育てる
聞こゆ補助動詞なので、ここでは「申し上げる」と訳す
にほひここでは「生き生きとした美しさ」と訳す
おほかた普通
やんごとなき形容詞「やむごとなし」の連体形。大切である
かしづきカ行四段活用「かしづく」の連用形。大切に育てる
上宮仕へ天皇の側で日常の世話をすること
おぼえ世間の評判
遊びこの時代の遊びとは、管弦楽を奏でることや和歌を詠むことなどを指す
大殿籠りラ行四段活用「大殿籠る」の連用形。「寝」の尊敬語。お休みになる
御蔭御庇護
おとしむさげすむ、ねたむ

1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(前の世にも御契りや〜)』の現代語訳・解説

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 578,021 pt 
 役に立った数 805 pt 
 う〜ん数 126 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。