新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

大鏡『花山院の出家・花山天皇の出家・花山院の退位(次の帝、花山院天皇〜)』のわかりやすい現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『花山院の出家』

ここでは、大鏡の中の『花山院の出家』(次の帝、花山院天皇〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 書籍によっては「花山天皇の出家」、「花山院の退位」と題するものもあるようです。

原文(本文)

次の帝 、花山院天皇と申しき。冷泉院の第一の皇子なり。御母、贈皇后宮懐子と申す。

(〜中略〜)

永観二年八月二十八日、位につかせ給ふ。御年十七。寛和二年丙戌六月二十二日の夜、あさましく候ひしことは、人にも知らせさせ給はで、みそかに花山寺におはしまして、御出家入道せさせ給へりしこそ。御年十九。世を保たせ給ふこと二年。そののち、二十二年おはしましき。

※つづき:『花山院の出家』(あはれなることは〜)の現代語訳

現代語訳(口語訳)

次の帝は、花山院天皇と申しあげました。冷泉院の第一皇子です。母君は、贈皇后宮懐子と申しあげます。

(〜中略〜)

永観二年八月二十八日、帝の位におつきになられました。御年十七歳です。寛和二年丙戌の年の六月二十二日の夜に、意外で驚きましたことは、(花山院天皇は)他の人にはお知らせにならずに、ひそかに花山寺においでになって、ご出家して仏道に入られたことです。(天皇として)世をお治めになること二年。そののちに、(ご出家なされてから)二十二年ご存命でいらっしゃいました。

※つづき:『花山院の出家』(あはれなることは〜)の現代語訳

品詞分解

※品詞分解:『花山院の出家』(次の帝、花山院天皇と〜)の品詞分解

単語解説

あさまし意外である、驚くことである
みそかなりひっそりと、こっそりと

Tunagari_title
・大鏡『花山院の出家・花山天皇の出家・花山院の退位(次の帝、花山院天皇〜)』のわかりやすい現代語訳

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 298,202 pt 
 役に立った数 212 pt 
 う〜ん数 74 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。