新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

風姿花伝『七歳』の現代語訳・内容

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
風姿花伝『七歳』

ここでは、風姿花伝の中の『七歳』の現代語訳と解説をしています。

原文(本文)

この芸において、おほかた、七歳をもて初めとす。このころの能の稽古、必ず、そのもの自然とし出だす事に、得たる風体あるべし。舞・働きの間、音曲、もしくは怒れる事などにてもあれ、ふとし出ださんかかりを、うち任せて、心のままにせさすべし。さのみに、よきあしきとは教ふべからず。あまりにいたく諫むれば、童は気を失ひて、能、ものくさくなりたちぬれば、やがて能は止まるなり。

現代語訳(口語訳)

この芸では、だいたい、七歳をもって(稽古を)始める年齢とします。この頃の能の稽古は、必ず、その子が自ら(気のおもむくままに)やる事の中に、(その子が)生まれつきもっている芸風(の片鱗)があるものです。舞や動作の間、音楽的な要素、もしくは怒りの演技などであっても、(子どもが)ふと、自らやるであろう様子を、まかせて、(彼の)心に思うようにさせるのがよいです。そうむやみに、(これが)正しい(これが)正しくないと教えるべきではありません。あまり厳しくいましめると、子どもはやる気を失って、芸を稽古するのがおっくうになってしまい、やがて、芸の上達は止まってしまいます。

品詞分解

品詞分解はこちら
風姿花伝『七歳』の品詞分解

単語解説

おほかただいたい、おおざっぱに言って
自然「じねん」と読む
音曲「おんぎょく」と読む。能楽の音楽的な要素のこと
かかり様子
さのみそうむやみに
いたし精神的につらい、肉体的に痛い
諫む「いさむ」と読む。「いましめる」の意味
ものくさしおっくうである、面倒くさい


Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 4,921 pt 
 役に立った数 3 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。